PRAISE - BREAD - DONQ - ドンクのフランスパン パンクー

- 0
G_hidariKageDONQ320-228.jpg
子供の頃にフランスパンを始めてトーストにして食べたとき、"なんて美味しいんだあ!"と感激したものです。神戸にはパン屋さんが本当にたくさんあって、フランスパンもどこでも買えるのですが、色々食べてみた結果、やはり一番安定して美味しいのはドンク。種類もたくさんあります。ということで、今回は、ハードトーストに続いてドンク
donq320-184.jpgのパン第2弾です!今まで食べたことはなかったのですが、"パンクー"というブールのようなフランスパンを先日購入してみました。"パンクー"ってどういう意味?? "パン"はもちろん"パン pain"ですが、"クー"って... 音からすると、"しっぽ queue"、"心 coeur"、"コスト cout"、"首
cous" etc. ドンクの商品紹介ページやフランスパンについて調べてみましたけど、結局、今のところまだ判明していません... もしかしたら、商品の横に書いてあったかもしれませんが、ちゃんと見ていなかったもので。また見てみます...まあ、重要なのは味ですから。

パンクーの形状はブールのような形ですが、でもまん丸ではなく、やや楕円形をしています。持った感じは普通のフランスパンと比べてどっしりと重い感じ。食感は、その重さから想像される通り、ハードトーストやバゲットよりもちょっと重い (でも決して"胃にもたれる"という類のものではありません) ような気がします。やや"もちもち感"があるような。それでいて、外皮はトーストすると、ちゃんとパリッパリの香ばしさ。パリパリ感はフランスパンを美味しくする重要なファクターですからね。しかし外皮に関してはパリパリなだけではなく、ドンクのフランスパンらしく、かんだときの"ぎゅいーん"という伸びはハードトーストよりも勝っています。ほんとにかみごたえ十分!でも歯の悪い方は注意してくださいね。

私の愛する、そして世界一美味しい、ドンクハードとの大きな違いは、その塩味でしょうか。ドンクハードは塩味が結構効かせてあって、これがトーストにした時にとっても美味しいのですが、パンクーは塩味をほとんど感じません。ですから、最初食べたときは正直ちょっとだけ物足りない感じもしましたが、余計な味を好まない方には、逆にこのほうが美味しく感じられるかもしれません。一応ドンクの公式ウエブサイトの商品紹介によりますと、ハードトーストは砂糖不使用だそうです。ですから、禁糖などで砂糖をできるだけ控えていらっしゃる方はハードトースト、塩分を取りたくないなあという方はパンクーという選び分けもできるかもしれませんね (ただし、パンクーの塩分に関してはあくまで私の食べたときの主観ですので、疾患をお持ちの方で食事制限をされている方などはちゃんと調べてくださいね。パンですので塩はきっと含まれているだろうと思いますので)。



ドンク三宮本店
神戸市中央区三宮町 2-10-19
センター街とトアロードの角
2階と3階にカフェ有り
URL: http://www.donq.co.jp/

写真上:パンクーにいちごと梨のミックスジャム
写真下:ドンク三宮本店看板



関連記事
ページトップ