スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PRAISE - COFFEE - 豊中TIPOGRAFIAさんで珈琲修行

去る6月18日、豊中市の珈琲屋さんCafe do BRASIL TIPOGRAFIAさんで開かれたアイス珈琲教室に行ってきました。あいにくの雨でしたが素晴らしい内容に大満足♪

2_店_480
2_まめ_480

TIPOGRAFIA(チッポグラフィア)さんは兵庫県豊中市阪急豊中駅からほど近いところにある音楽と映画と珈琲豆を愛する(と私は解釈している)店主が経営されているお店です。今回何故、神戸から豊中までわざわざ出かけたかと言いますと、実は前々からちゃんとしたプロに珈琲のてほどきを受けたかったのですが、どうも巷で開催されている珈琲教室は信用できない気がして...このチッポさん、実はツイッターでフォローさせていただいているのですが、その呟きっぷりから「この人ならあこぎなことはしないだろう」と感じ、今回の教室に参加させていただくことに決めました。店主は私と同い年ですし...今回の記事ではそのチッポさんのお店と珈琲教室の一部をお伝えします...

13_maple_480.jpg

店に入るとまずなにやらイエローサブマリーンのようなものがあります...お、お前は何者だ!と身構えしてしまいました(焙煎機かなw)。そしてその横手からトイレに続く場所には、なんとメイプルソープの写真が!これは1993年に滋賀県立近代美術館で開催された展覧会の時に入手されたものだそうですが、実は私もこの展覧会には行っていたのです!すれ違っていたかもしれませんし、足を踏んづけていたかもしれません。

4_マシン_480
5_壁_480

上は奥のカウンターから見た景色。ここで教室は開かれました。珈琲マシンや調理器具の類がきちんと並んでいました。きちんと並んでいるものは大好きです。そして下はそのカウンタに座って振り向いたところの景色です。ブラジル音楽が本当にお好きなんですね。

ここからいよいよ本題の珈琲教室報告です。内容はものすごくおおまかに言いますと、アイス珈琲の様々な作り方と秘儀の伝授(実際に目の前で作ってもらえます)と飲み比べ、次いでホット珈琲の淹れ方の説明・披露、そして自分の好きな豆を二種選んでの実践トレーニングです。

7_アイスいれます_480

何種類ものアイス珈琲を披露していただき味見をさせていただきました。写真はよく普通の喫茶店でとられている方法だと思うのですが「直接冷却」用の珈琲をいれていただいているところです。グリーンのTシャツが店主さまです。この方法、倍の濃さに珈琲を作って単純に氷で冷やすというもの。言ってはなんですが、まずかったです...

8_整列_480
9_同時冷却_480

この日は7通りのアイス珈琲を制作・試飲しました!カウンターにずらっと並んだカップが可愛いでしょ。その7通りとは:(1)直接冷却:濃い目の珈琲に氷を直接投入、(2)間接冷却:外側或いは内側から間接的に熱い珈琲を冷やす。(1)はまずかったのにこの方法だとびっくりするくらい美味しく!(3)水出しその1:プロが使用する水出し用の器具にて長時間かけて水で抽出。結果的には他とは比べ物にならないくらい、やはり、これが一番美味しかったです、(4)水出しその2:家庭でもできる水出し珈琲、(5)アイスアメリカーノ:エスプレッソの水割り。これはお勧めできません。インスタント珈琲を水で溶いたよう...、(6)エスプレッソをシェイカーでシェイク:(5)とは違い薄めずにシェイカーに氷とともにエスプレッソを入れてシェイク。まったく同じマシン同じ豆で作ったのに(5)よりずいぶんと美味しくなります、(7)直接同時冷却(写真下):珈琲の抽出と冷却を同時に行なうものです。この日は専用のポット(写真下)を使われていました。相当美味しかったです(2のプロ水出しを除くとこれが一番かな)。しかしながら技術と経験と勘が要るようで素人にはなかなか...

ここまでくると結構お腹もごぼごぼ。店主さんは「あまり飲むと気持ちが悪くなりますよ」と気遣ってくれましたが、違いをみるために頑張ってごくごく飲みました!本当に驚いたのは、すべて同じ豆なのに淹れ方によってかくも味が違うのかということ。長時間を要する水出し以外は目の前で豆をひいていただいたので確実に同じ豆です。ほんと、びっくりしました。私が気に入った(家ですぐに出来そうな)のは間接冷却と水出しでした。でも水出しは器具(よくお店で売っている水出し用ポットですね、うちにもあります)のサイズによってはムラが出るそうなのであまり美味しくいれられないかも。小さめのほうが良さそうです。

9_秘儀氷_480

ここでこの日教えていただいたその間接冷却の秘儀を。濃い目にいれた(この濃い目のレイショはきちんと教えてくださいます)珈琲の粗熱をとったあと、大き目の容器に氷水をはってそこにポットに入れた珈琲を入れて冷やすのですが、家庭用の冷蔵庫の製氷能力ではこの氷はとてもじゃないけどおっつきません。そこで登場するのがペットボトル氷です!この方法、「ブログで公開してもよござんすか?」と問い詰めたところOKと許可がおりましたのでここに大公開いたします(奥様、必見!)。と、大袈裟に書きましたが、なんのことはない、500ミリリットルのペットボトルのラベルもはがして綺麗に綺麗に洗い水を満タンにつめ、冷凍庫で凍らすだけです。かちかちに凍ったら、粗熱をとった珈琲ポットにこれを直接どぼんとつけるだけです(写真上)。あっというまに適温に冷えて、氷を入れて冷やしたもの(1)の50倍くらい美味しいアイス珈琲ができあがります。注意していただきたいのは、直接ボトルが珈琲につかりますので、ボトルはよく洗ってジップロックなどの綺麗な袋に入れて冷凍してください。肉や魚類と接触するといけませんからね。

アイス珈琲について一通りの説明試飲等等が終わったあとにはホット珈琲の淹れ方。お手本を披露していただいた後、自分の好みの豆を店頭販売のものより二種類選んで自分で淹れます。私はマンデリンリントンと前から名前が気になっていたドミニカバニーを選びました。店主さん曰く、苦めがお好きならドミニカバニーはばしゃばしゃですよ、と。確かに。苦味がなくて好みと正反対でした。逆にマンデリンリントンは初めて飲みましたが苦味があって重厚でとても美味しかったです。私って入れ方上手いかも~と思ってしまいました....

15_フィルタ_480

講義が終わるとお土産のコーノ式フィルターとペーパーが頂けます!コーノ式、前から興味があったのですごく嬉しいです♪コーノ式は円錐形のフィルターを使用するのですが、穴ではなく紙の円錐の先から珈琲が出るので他の一つ穴式や三つ穴式よりもよりネルドリップに近いものが得られるそうです。

この日の一番の収穫はやはり実際にプロが淹れるドリップ式のてほどきを受けられたことと淹れ方による味の驚愕の違いを実際に比べられたことですが、それに加え、同い年の方がこうやって同じ関西で好きな音楽を聴きながらこんなに誠実にお商売をなされてるんだということでなんだかとても元気が出たことです。残念なのは、お店の看板商品チッポドッグを食べてみたかったのですが、気の弱い私はついに言い出すことができなかったことです...アイス珈琲教室は7月9日にも開催されます。2000円はとても安いです。あほみたいにしぶちんの私が言うのですから絶対に安いです!美味しい珈琲に興味がある方は是非。こんなチャンスそうないよ。



Cafe do BRASIL TIPOGRAFIA
大阪府豊中市本町6-7-7(阪急宝塚線豊中駅より徒歩5分)
お店のWeb Site:http://www.tipografia.sakura.ne.jp/
店主のブログ(毎日の商品説明なども):http://tipografia.blog99.fc2.com/



関連記事

Comments - コメント一覧

From : CapeDaisee : ときどきぷろぐらま。さま

> CapeDaiseeさんと、出会ったのも実はTIPOGRAFIAさんをフォローしたから!

おお、確かに縁をとりもっていただいたということですよね~!!

> 豊中だし、お洒落そうなお店なので、
> ピーピーうるさいヒヨコ二匹連れでは
> 行けそうにないお店なんですが。

うーん、店主さんは優しい方でしたが。。。。でもぴーぴー鳴くひよこちゃんは(他のお客さまがいらっしゃった場合は)音楽重視なのでちょっとだけまずいかも。。。豆だけでも試してみては??

アイス珈琲、本当に美味しくなりましたよ!氷は絶対直接入れちゃだめですね。

From : ときどきぷろぐらま。 :

CapeDaiseeさんと、出会ったのも実はTIPOGRAFIAさんをフォローしたから!たしかにCapeDaiseeさんと好みが近い感じがします。映画とかコーヒーとかパンとか。

豊中だし、お洒落そうなお店なので、
ピーピーうるさいヒヨコ二匹連れでは
行けそうにないお店なんですが。

それにしても、アイスコーヒーの作り方は大胆!
この夏、チャレンジしてみたい秘儀ですね。

From : CapeDaisee : Re: うまそ~(^O^)

ちょいばかおやじさま

贅沢は出来ないけど、どうやったら美味しい珈琲がいれらるかというのを知っておきたかったのです。
本じゃあなかなかわかりませんからね。実際に見てやってみないと。

私も普段はすごく安い豆+ネッカッペですよ(午後はきりがないのでネッカッペをブラックでごぼごぼ飲んでます♪)

From : ちょいバカおやじ : うまそ~(^O^)

オヨヨ!目からうどんの、いや違う、ウロコの珈琲教室♪
いつも、ネッカッペか、ブルックスのレギュラー珈琲しか飲まないアタシにはまるで別世界☆

アイス珈琲は確かに人気難しいですよね!
昔、水出しコーヒーが流行った頃、喫茶店にデッカい器具から一滴一滴落ちるコーヒーを物珍しそうに見ていました。
飲んだかな~?確か一杯500円、もっと高かったかな。。

間接式の淹れ方なんて初めて知りました。若い頃喫茶店で働いてましたが、メリタ、カリタ、貸したw、布ドリップ、コーヒーアン、コーヒーマシン、サイフォン位しか知らない。。

もー、最近歳とってきたから、食べる事着る事etc無頓着、こだわりがなくなりました。お腹いっぱいになればなんでもイイ♪コレじゃいかんのですけどね!

capeさんは、決して贅沢ではないけれど、パンやお酒、カメラなんかにすごく
こだわりがありますね☆うらやましいです。
面白いリポートありがとー☆★
特訓の成果!美味しい珈琲を飲んでくださいネ♪
ネッカッペ飲もっと!(^^)!

お疲れ様でした~~♪再見♬

Leave Your Comment - コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TrackBack - トラックバック

http://capedaisee.blog96.fc2.com/tb.php/207-07dd0013

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Appendix

CapeDaisee

AUTHOR : CapeDaisee

Born and live in KOBE, JAPAN.
Love Hanshin Tigers, beer and cute tiny things.

神戸市出身・在住 女性
御多分にもれずタイガースファン。
何かを作るのが好きなので そして仕事と家事に忙殺されぬよう ジャムを煮たり写真をとったりしています。おうちで作るジャムのおいしさと神戸のいいところを伝えられれば幸いです。
好きな映画や本や音楽やモノやコトについても時々書いています。
でも最近は写真ばっかりだな...

   LINK :  SmallPhotoFactory

Recent Comments


   THANK YOU For Stopping By!
   Has Been Visited By :     
   Now Being Viewed By : 

Archives


Calendar

05 « 2018/06 » 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Trackbacks

Other Links

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。