スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PRAISE - CINEMA - ロウ・イエ監督「スプリング・フィーバー」

G_看板大2_320-224
元町映画館にて『スプリング・フィーバー』を鑑賞してきました。大雑把に(やや乱暴に)あらすじを述べてしまえば、夫の浮気に感づいた女教師(リン・シュエ)が探偵(ルオ)を雇ったところ、その相手は青年(ジャン)であることが発覚、一方、その探偵もいつしかその浮気相手と同性愛関係になり・・・というものです。映画に対する周りの
評価として聞こえてくる言葉は「漂流感」や「普遍の愛」など。これらについては既に多くが語られているでしょうから、今回は私が非常に気になったある点について書くことにします。

私がまず強く感じたことは、登場人物の間で性愛というものについての姿勢が男女間で明確に異なるということだ。女たちにとってセックスとは愛であり、愛とは現実の一部であり生活である。一方、男たちにとってはセックスとは刹那の快楽であり、彼らの生活もまた地に足のつかない浮遊感を漂わせている。二人の女の生活の中心は工場での労働、学校教師。そのような現実世界をきちんと生きている。一方、三人の男の生活は今ひとつ現実感を欠いている。ことに印象的であったのは、女性たちの名前「リー・ジン」と「リン・シュエ」は何度も連呼されるのに対し、男らの名前はほとんど呼ばれることはない。名前というものは、現実社会で生きているということを他者から認識されるためにはいやでも必要なものである。それを持たないかのように描かれる男たちのリアリティとはどこにあるのか。浮気をつきとめた女教師リン・シュエが、ジャンの職場に乗り込み、彼を罵った言葉に「あなたが生きているのは白日夢」というものがあったが、彼らの世界はすべて「白日夢」ということなのであろうか。そのようなジャンの名前が一度だけ高らかに連呼されるシーンがある。ゲイ・クラブの舞台でだ。美しく女装して歌うジャン。彼の現実とはここだけであるということなのか。

男たちの非現実性は、ワン・ピンの、妻と恋人と自分の三人で仲良くうまくやっていけるという考えや、探偵ルオの、新たな恋人ジャンと自分の彼女と三人で旅に出ようという行為にも表れる。夢の中に生きているのだ。当然、リアリティを生きる女たちはこれを受け入れるわけがない。

このような男と女の対比は本作品の撮影(或いは照明と言うべきか)テクニックにおいても発揮される。男たちの顔はほぼ常に影の中にあり、周囲の景色ばかりが光の中にある。終始一貫してである。普通の映画であれば考えられないことだ。しかしながら女性たちが明るい光の中に生きているかというと、そういうわけでもない。彼女らもまた出口の見えない関係にもがき、影と光の中を交互する。

SF_LF470.jpg
そんな彼らに一瞬希望が見えたかに思えるシーンがある。車で旅に出たジャン、探偵ルオ、その恋人リー・ジンの三人。光降り注ぐ中を走る車。すべてはうまくいくのではないかという幻想を一瞬抱かせさえするシーンである。しかしここでも二人の男の顔には陽光は当たっていない。女性であるリー・ジンの顔のみが太陽に照らされる。まるでこの先を暗示するかのように。

ここまで書くと、現実を生きる女たちと地に足のつかない男たちという明確な線引きがあるように見えるが、実は三人の男の中で主人公ジャンのみが他の二人とは大きく異なっている。彼は自分は漂い続ける浮き草のような存在であるということをはっきりと自覚しているのだ。故に二人の恋人(男)が迷いを見せたとき、つまり、現実の『普通の』社会と折り合いをつけながら生きようとした時、自ら彼らに別れを告げる。一見、彼が周囲の人間を巻き込み、傷つけているようにも見えるのだが、実は最も傷ついているのは彼自身なのである。恋人が男と愛し合っていることを知り、傷ついて一人カラオケを歌うリー・ジンの手を握るジャン。この時彼女は彼もまた自分同様に深く傷ついていることを初めて知る。最後にジャンが自らの体に刻んだ花の刺青は、自分や他者につけた過去の傷すべてに責任を負って生きていこうという決意の表れではないだろうか。

男性同士のセックスが生々しく描かれた本作品だが、私自身には特殊な関係性には見えなかった。むしろ、遠い昔に自分が歩んだ道で嗅いだ匂いととても似ているような気がした。若さにつきものの形容し難い傷を再び見せられるかもしれない、それはかなりの痛みを伴うかもしれないという不安は見事に外れ、むしろ懐かしいものを見ているような気がして感傷的にさえなった。恐らく本作品は、観る人個人個人の体験や年齢や性別や境遇によって非常に異なる受け入れられ方をするのではないだろうか。



「スプリング・フィーバー」(原題 "春風沈酔的夜")
製作:2009年 中国
監督:ロウ・イエ
脚本:メイ・フォン
出演:チン・ハオ チェン・スーチョン ウー・ウェイ タン・ジュオ ジャン・ジャーチー
私的評価:★★★★☆ 82点
スプリング・フィーバー公式HP: http://www.uplink.co.jp/springfever/
神戸・元町映画館公式HP: http://www.motoei.com/

映画関連記事掲載作品の一覧 / List of Other Praised Works


関連記事

Comments - コメント一覧

From : CapeDaisee : Re: これ、共感大!!

ちょいばかおやじさま

コメントありがとうございます!

> 私は、この作品のカメラワークが大好きなのです!おもしろさんも書いていましたが、「家庭用デジタルカメラで、あのようなグレーがかった画面が撮影できるのか?…」

この点について様々な話を耳にしていましたので楽しみでした!私の経験と少ない知識からですと、あのグレーは家庭用デジタルだから出たのです。(プロ用は異なるのでしょうが)家庭用デジタルの場合、光が少ないと何故か色も奪われてしまうことがよくあります。監督さんはわざとやったのかなあと色々調べましたところ、ご本人のインタビューを見つけましてはっきりしました。やはり、様々な可能性の中からあえて家庭用デジタルが彼の撮りたいものを撮れるということで積極的に採用したようです。

> ジャンだけが純粋な愛を貫いていましたね。他の男二人は、それぞれ家庭、彼女もあり、バイセクシュアルだし、身勝手な考えで凝り固まっている。

まさに、まさに。

> 私の破滅的な性格からか(笑)ジャンには非常に共鳴できましたね。同様に『息もできない』の、ちんぴらサンフンにも、むちゃ親近感が…(笑)

私も一番共感をおぼえたのはジャンですね。最初は「何、この悪魔!」って思いましたが・・・
彼も何も壊したくて壊しているわけではないのですよね。

ゴダール、もう楽しみ~!

From : ちょいバカおやじ : これ、共感大!!

『スプリング・フィーバー/春風沈酔的夜晩』
Capeさま、さすが!人間の心理観察には素晴らしい眼力をお持ちですね!


私は、この作品のカメラワークが大好きなのです!おもしろさんも書いていましたが、「家庭用デジタルカメラで、あのようなグレーがかった画面が撮影できるのか?…」

自然光で撮る登場人物の表情は、みな曇っているように見えるし、手持ちカメラのブレで揺れる画面が、彼等の心の動揺を見透かしているかのようで素晴らしい!


ジャンだけが純粋な愛を貫いていましたね。他の男二人は、それぞれ家庭、彼女もあり、バイセクシュアルだし、身勝手な考えで凝り固まっている。

女性二人の描き方、一人は浮気相手の男の会社に乗り込み烈火の如く怒る(これが中国女性の一般的な姿(笑)
かたやもう一人は、何も言わず自ら身を引く。中国人には珍しいタイプ(笑)。対称的な描き方でしたね。


同性愛、異性愛に関わらず、人が人を愛する、好きになる普遍性と、寂しさに耐えられない人間の性がよく出ていた作品だと思います。

私の破滅的な性格からか(笑)ジャンには非常に共鳴できましたね。同様に『息もできない』の、ちんぴらサンフンにも、むちゃ親近感が…(笑)

元映、ゴダール特集楽しみですね~~♪♪

お・わ・り

Leave Your Comment - コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TrackBack - トラックバック

http://capedaisee.blog96.fc2.com/tb.php/144-a534ac0b

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Appendix

CapeDaisee

AUTHOR : CapeDaisee

Born and live in KOBE, JAPAN.
Love Hanshin Tigers, beer and cute tiny things.

神戸市出身・在住 女性
御多分にもれずタイガースファン。
何かを作るのが好きなので そして仕事と家事に忙殺されぬよう ジャムを煮たり写真をとったりしています。おうちで作るジャムのおいしさと神戸のいいところを伝えられれば幸いです。
好きな映画や本や音楽やモノやコトについても時々書いています。
でも最近は写真ばっかりだな...

   LINK :  SmallPhotoFactory

Recent Comments


   THANK YOU For Stopping By!
   Has Been Visited By :     
   Now Being Viewed By : 

Archives


Calendar

05 « 2018/06 » 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Trackbacks

Other Links

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。