FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PRAISE - CINEMA - 超主観的 好きなシーン その3 モノローグ

『超主観的 好きな映画のシーン』シリーズその3です。今回はモノローグ(独白)シーン。3作品のうち2つがヴィム・ヴェンダース監督のものとなってしまいました。両シーンとも映画史に残る名独白シーンであると個人的には思います。

Wings of Desire - ベルリン 天使の詩
マリオン2320-204
この映画は全編にモノローグが散りばめられている詩集のような作品なのですが、とりわけ私が好きなのはラスト間近、バーで天使であるダミエル(ブルーノ・ガンツ)とサーカスの空中ブランコ乗りマリオン(ソルヴェーグ・ドマルタン)がようやく"再会"するシーンです。このシーンではマリオンが、唐突とも思える
(しかしとても自然な)"告白"を5分以上に渡って展開させます。これは彼女の決意表明であり、実世界では初めて会う人への愛の告白であります。最初にこのシーンを見た時、自分の中にも長い間あった思い、しかしながらあまりに漠然としていてどう表現してよいのかわからなかった感じを見事に言語化(或いは映像化)してくれていて、「そう、そういうことなのよ!」と思わず手を打ちたくなりました。本作品は公開時とその1年後に2回見たのですが、2回とも英語字幕でしたので日本語字幕ではどのように訳されていたか実は知りません... 台詞全体が詩のようなものですので、その内容を日本語でここに要約して書くということはいたしません(私は詩人ではないので...)。その中でも特に印象深い部分を英語で抜粋します(独語と英語は言語的にかなり近いので、そうオリジナルのニュアンスを損ねてはいないだろうと信じますので):"At last, it's becoming serious...There's no greater story than ours, that of a man and a woman... Decide. It's now or never."


Women on the Verge of a Nervous Breakdown -
神経衰弱ぎりぎりの女たち

ご存知、スペインのペドロ・アルモドバル監督の世界的出世作ですね。このオープニングのモノローグが素晴らしい!本作品は一般的にコメディとされているのですが、作り物のちゃちなマドリードの街や主人公ペパの住むアパート、そしてそれに重なって、「"ノア"のように『世界中のつがい』を救いたかった。でも、一番救いたかったものを私は救うことが出来なかった」というペパのモノローグを聞いたとき、何故か私はとてもせつなくなってしまい、コメディとして見れませでした... 自分が壊れそうなのに、他の恋人たち(鳥や小動物だけど)を救うことで、もうどうしようもなく破綻してしまったものを修復しようとする悪あがき。とてもよくわかります...


Paris, Texas - パリ、テキサス
MagicM320-204.jpg
最後は、映画史上ベスト独白シーン、『覗き部屋』での主人公トラヴィス(ハリー・ディーン・スタントン)の告白シーンです。このシーンについては以前くどくどだらだらと私の思いを書かせていただきましたので、ここではごく簡単にすませます(以前の記事はこちらをどうぞ)。物語をナレーションで説明してしま
おうとする手法はあまり好きではありません。が、このシーンは特別です。砂漠を彷徨い口を閉ざすトラヴィスに何が起こったのか、このシーンですべてがわかります。覗き部屋という設定、トラヴィスの台詞回し、音楽、そしてもう感動的に美しいジェーン(ナスターシャ・キンスキー)、全てが完璧!ナスターシャ・キンスキーなら女の私も覗いてみたいものです。今年の夏に見たある話題の映画でも、妻との過去を長々と告白(説明)するシーンがありましたが、比べ物になりません(こちらの映画は『惑星ソラリス』にも影響を受けているとお見受けしましたが、そちらのほうも...)。この独白はサウンド・トラックに『I knew these people』というタイトルで収録されていますので、未見の方、そしてヴェンダースはくどいから苦手という方、是非、これだけでも聞いてくださいませ。



「ベルリン 天使の詩」(原題 "Der Himmel uber Berlin")
製作:1987年 フランス 西ドイツ
監督:ヴィム・ヴェンダース
脚本:ヴィム・ヴェンダース ペーター・ハントケ
撮影:アンリ・アルカン
出演:ブルーノ・ガンツ ソルヴェーグ・ドマルタン
私的評価:★★★★★ 92点


「神経衰弱ぎりぎりの女たち」(原題 "Mujeres al borde de un ataque de nervios")
製作:1988年 スペイン
監督:ペドロ・アルモドバル
脚本:ペドロ・アルモドバル
出演:カルメン・マウラ
私的評価:★★★★★ 90点


「パリ、テキサス」(原題 "Paris, Texas")
製作:1984年 フランス 西ドイツ
監督:ヴィム・ヴェンダース
原作・脚色:サム・シェパード
撮影:ロビー・ミューラー
音楽:ライ・クーダー
助監督:クレール・ドニ
出演:ハリー・ディーン・スタントン ナスターシャ・キンスキー
第37回カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作品
Wim Wenders公式HP:http://www.wim-wenders.com/index.htm
私的評価:★★★★★ 98点

映画関連記事掲載作品の一覧 / List of Other Praised Works


関連記事
スポンサーサイト

PRAISE - SWEETS - ANGELIKA FILM CENTER NY のチョコアイス

NY_SOHO1cut_H320.jpg
アメリカのスイーツってもう本当に"スイート"です。アメリカで暮らしていた頃、甘すぎるものがあまり得意ではない私としては最初食べられるものがあまりありませんでした。とは言うものの、人間というのは順応性の高い生き物で、そのうち少しずつ食べられるようになりましたが、それでも日本のスイーツほど微妙なそこはかとない美味しさには滅多に出会えませんでした。そんな甘み過剰スイーツの中、私が大好きだった、そしてそれはアメリカのスイーツの中ではという相対的な問題ではなく、私がこれまで食べたありとあらゆるアイスクリームの中で最も美味しかったものが、ニューヨークのアンジェリカ・フィルム・センターという映画館の中のカフェで売られていたチョコレート・アイスクリームです。断っておかなくてはいけないのですが、実は私が最後にこれを食べたのは15年以上前のこと
で、今もこのアイスクリームはあるのか(カフェはウェブサイトによるとちゃんと存在しているようです)、そして今も同じ味なのかはわからないのです。8年ほど前にニューヨークに遊びに行く友人に「これをなんとしても食べてこい」と指令を出したところ、絶品であったという報告を受けてはいるのですが....

アンジェリカ・フィルム・センターはマンハッタンのグリニッジ・ビレッジとSOHOとイースト・ビレッジの境目のようなところ、West Houston St. とMercer St.(写真上) の角にあります。ちょうどニューヨーク大学のある意味敷地内といった感じのところです。私はこのMercerのどんつきに住んでいたことがありました。この映画館、アンジェリカは出来た頃UP2_320-224.jpgは単館系の映画館でNYにだけあったのですが、どうやら今では随分と大きくなって全米にチェーン展開をしているようです。アンジェリカは古いビルを (多分) 利用してあり、入るととても広々としたお日様のいっぱい入るロビーがあって、そこではたまにバイオリンやチェロなんかの演奏もしていて、とてもリラックスできる空間なんです。まさに
理想の映画館。このロビーにあるのが『Angelika Cafe』で、ここで件のチョコレートアイスクリームが売られていました。最初は特に期待もせず注文したのですが、一口食べてびっくり!アメリカのスイーツにしては珍しく、苦味がすごく効いているのです。甘さも控え目。「えっ!これがアメリカのお菓子!!??」っていうくらい上品な味でした。日本のスイーツは、もちろん和菓子も洋菓子も含めて、世界一美味しいんじゃないかしらと思っていた私の井の中のナントカ的思考を覆す、驚きの美味しさでした。それ以来もう病みつき!映画を観る予定がないときもアイスクリームだけ食べに行くこともありました (映画を観ない人もcafeやロビーは利用できます)。値段はちょっとお高めでした。はっきりとは覚えていないのですが、1ドル40か2ドル40だったような... でも美味しくないものに1ドル払うよりはいいですよね。

前述のとおり、Angelikaにはもう長い間行っていません (そして当分行く予定もありません...)。今はあのチョコアイスはどうなっているのでしょうか。どなたか、最近食べられた方がいらっしゃれば、是非ご一報くださいませ。



The Angelika New York (Angelika Film Center)
18 West Houston St. (@ Mercer St.)
NEW YORK CITY, NY, USA
URL: http://www.angelikafilmcenter.com/



関連記事

CONFITURE - 洋梨とブルーベリーと赤ワインのジャム

(⇒ English Recipe / available soon) (⇒ レシピ一覧へ)
Dup320-224.jpg
晩秋です。ラ・フランスなどの洋梨も1つ100円を切り、手軽にジャムが作れるようになってきました。スーパーから消え去る前に、日本の梨では出せない『ねっとり』感を少しでも味わいたいので、洋梨シリーズ再開です。今回はラ・フランスを使ってブルーベリーとミックスしてみました。特に考え抜いた組合せではありません... 単純に冷蔵庫
にブルーベリーが沢山あったことと、色々検索して調べてみたら洋梨とブルーベリーの組合せというものがまったく見つからなかったということです。誰もやっていないのならチャレンジのしがいもあります!しかしながら、脳内でシミュレーションしても、これが素晴らしい組合せとは思えない... でもやらなきゃわからないしな... とA型特有のぐずぐず悩み。ええい、とにかく作ろうとやってみたところ、これが大成功!自画自賛の美味しさ!この秋一番のヒットです!粗く切った洋梨がつるりんとしたゼリーのよう。洋梨が濃厚なのでフランスパンやハード系のトーストによく合います。


道 具
(もしかしたらお家にないかもしれないものだけ記します)
・ステンレスかホーローの鍋
・トング又は厚手のゴム手袋 できれば両方
・密封できるジャム瓶、Weck瓶など
・木べら


材 料
(できあがり:480gくらい。糖度:50~55度)
・洋梨・・・・・・・・中2個(正味400グラム)
・冷凍ブルーベリー・・80グラム
・レモン汁・・・・・・大さじ3 (45cc)
・甜菜グラニュー糖・・190g  *普通のグラニュー糖も可。
・赤ワイン・・・・・・大さじ1+小さじ2 (25cc)

*糖度は煮詰め具合によってこれより低くなったり高くなったりします。


作り方
下準備
[1] 洋梨はよく洗い、皮と芯を除いていちょう切りにします。甜菜糖・レモン汁とざっくり混ぜあわせ2時間程おいておきます。


煮込み開始
[1] 煮沸消毒用の鍋にジャム瓶と水(熱湯は瓶が割れるのでダメですよ)を入れ、沸騰させてから5分ほど煮ます。煮沸消毒の終わった瓶は清潔な布巾の上に逆さまにしておいておいてください。鍋から取り出すときにはトングを使うか、或いは厚手のゴム手袋をしてやけどに気をつけてください。煮沸消毒している間にブルーベリー、残りの甜菜糖とレモン汁、赤ワインを計量し、準備しておきます。ブルーベリーは解凍する必要はありません。

[2] レモン汁と甜菜糖に漬け込んでおいた洋梨にブルーベリー全量と赤ワインを加えて強火にかけ、強火のまま、時々やさしく木べらで底から混ぜてください。アクがかなり出てきますので丁寧にとります。6分ぐらいで残りの甜菜糖とレモンを加えます。

[3] さらに8分ほど煮た後、やや火を弱めて煮続け、好みの粘度になったら火を止めて(最初から計算して大体15分くらいです)完成。

[4] 用意しておいたジャム瓶にスプーンや横口レードルなどを使って出来上がったジャムを丁寧に素早く詰めます。瓶の口にジャムがついたら、熱湯でしぼったふきんで丁寧にふきとってください。瓶の上から7mmくらいのところまで詰めます。すぐに食べる場合は蓋をしっかりと閉め、ふきんの上に逆さまにして置いておきます。2週間以上は保存したい、或いは安全性・保存性を高めたいという場合は次の方法で脱気・殺菌をします。

[5] ジャムを瓶につめたら蓋をのせ、ごく軽く閉めて蒸し器又はふきんを敷いてお湯をはった鍋に入れます。鍋を使用する場合のお湯の量は瓶の肩くらいまで。少し隙間をあけて鍋の蓋をし、15分蒸します。15分たったら厚手のゴム手袋をして取り出し、蓋をぎゅっと完全にしめ、また鍋に戻し、さらに10分ほど加熱し、厚手のゴム手袋をして取り出しふきんの上に逆さまにして置いておきます。トングでも取り出せますが、熱湯を手にかけてしまう可能性が高まるのでゴム手袋のほうが安全です。

[6] 4又は5のいずれのやり方の場合も共通です。逆さまにしたらそのまま30分間、静かに放置しておきます。30分後、水道水でよく洗い、そのまま10分ほど水で冷やせば完成です!脱気・殺菌に自信がない場合や初めての場合は念のため、特に夏場は冷蔵庫で保存したほうが無難かもしれません。きちんと脱気・殺菌ができている場合は常温で二ヶ月は大丈夫です(うちの場合は半年以上おいています)。開封後は必ず冷蔵庫に入れて1~2週間で食べきってください。

UEmigiL320-224.jpg


関連記事

PRAISE - ACE COOK's PIGGIES - エースコックの陶器のこぶた

バスト寄り添い320-224
いつからかはわかりません、ものごころついた時からこぶたが大好きでした。記憶が曖昧なのですが、有馬街道沿い、鵯越辺りの谷底に確か豚小屋があって、谷の上から覗くとたまに子豚が見えるのでそこを父のトラックで通るのがすごく楽しみでした。見るだけに飽き足らず、私の陶器のぶたコレクションが始まったのは4つの時。ある朝起き
ると枕元にこぶたの陶器の貯金箱が置いてあり(母がこっそりプレゼントしてくれたものですが)、その愛くるしい姿にすっかり魅せられてしまったのです。それ以来、陶器のこぶたを街で見かけると必ずねだっていましたし (もちろん裕福ではないので毎回は買ってはもらえないのですが)、母もおもしろがって見つけるとよく買ってきてくれました。

小学校の3年生になるころには私のこぶたコレクションも50匹ほどになり、たまに部屋の床に全員を並べてパーティーを開催したりもしていました。しかしながら、どうしても手に入れられないこぶたがあったのです。それはエースコックのこぶた。小学校に上がるまでは全身向き合いg320-224ほぼ毎日母と湊川の東山市場に買い物に行っていたのですが、そこにある精肉屋さんにエースコックのこぶたの人形が飾ってあったのです。今思えばあれは陶器ではなかったのですが、私の視線よりもかなり上に飾ってあるこぶたは私には陶器に見えたのです。欲しくて欲しくてたまらなかったのですが、どうも非売品のよう。何とか手に入
らないかと、エースコックのワンタンメンも一生懸命食べました (無意味ですが....)。そうこうしているうちに私も成長し、興味の対象は映画や音楽へと変わり、いつしかこぶたのこともあまり考えなくなりました。

写真のエースコックのこぶたはそんな私が30を過ぎてから手に入れた夢のこぶたです!エースコックのプレゼントキャンペーンで獲得した『こぶたの朝食セット』に入っていたソルト&ペッパー入れ。この朝食セットにはこれら以外に、陶器のペアマグカップ (もちろんこぶたのイラスト入り)、こぶた柄ペアランチョンマットがついており、夢のようなセットなのです。この陶器の2匹のこぶたは現在うちの家宝。食えなくなったら300万円くらいで売れるかな... (もちろん売却する気などさらさらありませんが) と言う私に、相方は冷ややかな、しかしあたたかい視線で「売れないよ。あなたほど、こぶたを愛している人は、あなたが思っているほど沢山いないよ」と... いや、みんなこぶたが大好きだと思うんだけどなあ...

バスと正面右320-228


関連記事

PRAISE - CAFE's ICED COFFEE - 珈琲処CAFEのアイスコーヒー

DcafeD看板320-228
今から多分20年ほど前 (震災前なので92~94年の間だと思います。私の暦は大体震災前か後かで区切られてしまいがちです。それまではタイガース優勝前か後だったのですが) 、姉からすっごく美味しいアイスコーヒーがあるから、高いけど騙されたと思ってまあ、いっぺん飲んでみと言われ、三宮本通の『カフェ』というカフェに連れて
cafe菓子4320-224いかれました。アイスコーヒーは600円で、東京ならもしかしたらそう高いともいえない値段なのかもしれませんが、当時の神戸のコーヒーの相場からしますと、その値段はえらく高く感じられました。注文すると「砂糖とミルクは入れてもいいですか?」と。姉は「入れとき」と言うのでとりあえず入れてもらうことに。その後マスターはシェイカー
にアイスコーヒーと砂糖とミルクを入れてシャカシャカとシェイク。アイスコーヒーにしてはとても小さいグラスにこれを氷を入れずに注入。出されたアイスコーヒーを見た私の持った第一印象は「量が少ないなあ。ぼったくりちゃうん??えらいきどってんなあ」。そして、一口飲んだ私の感想は「高くない!!」でした。

カフェのアイスコーヒーは上述の通り、そして写真の通り、シェイカーで砂糖とミルクを一緒にシェイクしたものが小さめ (12センチくらいでしょうか) のグラスに注がれて出されます。それまでアイスコーヒー (或いは『レーコー』) と言えば、氷のたっぷり入った大きなグラスに入ったものしかしらなかったので、こういう飲み方をしたのは初めてでした。しかし、氷のDcafeアイス2L320-224入らないアイスコーヒーは最後まで薄まることなくとっても美味しいのです。アイスコーヒーって夏場に喉をうるおす程度にしか考えていなかった私にはショッキングなほどに美味しいアイスコーヒーでした。グラスが小さくて量が少なく感じるかもしれませんが、よくよく考えてみると氷を入れてない分、決して量的には少なくないのかもしれませ
ん。ここのアイスコーヒーを知るまでは私は甘いコーヒーは嫌いでブラック一辺倒だったのですが、それ以降、結構甘いコーヒーも飲むようになりました。で、こちらのホットコーヒーのお味はどうかと言いますと、すみません、ここのアイスコーヒーが大好きなので、これまで何十回も行っているのですが、未だにホットコーヒーは飲んだことがありません... また野菜やフルーツを使用した自家製ケーキやマドレーヌなどのお菓子もあるのですが、これもまた未食です。何かが気に入ると他のものが見えなくなるタイプなもんで...



珈琲処Cafe
神戸市中央区三宮町2丁目10-10
定休日:毎週月曜日
URL: http://www.cafe-kobe.jp/
cafeセンター街320
カフェのある三宮本通商店街


関連記事

 | HOME |  Older Posts »

Categories

Recent Entries

Appendix

CapeDaisee

AUTHOR : CapeDaisee

Born and live in KOBE, JAPAN.
Love Hanshin Tigers, beer and cute tiny things.

神戸市出身・在住 女性
御多分にもれずタイガースファン。
何かを作るのが好きなので そして仕事と家事に忙殺されぬよう ジャムを煮たり写真をとったりしています。おうちで作るジャムのおいしさと神戸のいいところを伝えられれば幸いです。
好きな映画や本や音楽やモノやコトについても時々書いています。
でも最近は写真ばっかりだな...

   LINK :  SmallPhotoFactory

Recent Comments


   THANK YOU For Stopping By!
   Has Been Visited By :     
   Now Being Viewed By : 

Archives


Calendar

10 « 2010/11 » 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Trackbacks

Other Links

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。