スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CONFITURE - DOUBLE FIG (DRIED & FRESH) and HONEY SPREAD

(⇒ Japanese Recipe / 日本語のレシピ) (⇒ List of Recipes)
A_fresh2D_153-224.jpgA_DRY2_153-224.jpgAjam1.jpg

The fresh fig season is almost ending and now you can get them much cheaper! I have experimented on several types of fig jams during the past few months and finally, succeeded in creating the best fig jam so far - a great combination of double figs, dried and fresh, and honey!


Ingredients
(Makes about 360 grams (about 13 oz), 50 to 55 % sugar)
・300g (10.5 oz) of fresh figs, excluding the stem ends
・60g (2 oz) of dried figs
・3 Tbsps (45 cc) of lemon juice
・70g (about 2.5 oz) of granulated beet sugar
・90g (about 3.2 oz) of honey
・About 50 - 100 cc of brandy for marinating dried figs
・1 Tbsp (15 cc) of brandy used for marinating
・Cinnamon powder


Directions
First Stage
[1] Slice dried figs (about 2mm thick) and marinate in brandy for 3 to 7 days.

Second Stage
[1] Remove stem ends of figs (no need to peel). Chop into small pieces. Combine with beet sugar and a half amount of lemon juice in a small to medium stainless-steel or enamel saucepan and let rest for at least two hours, covered. [PHOTO: before soaking (left) and 2 hours later (right)]
A_nabeSatoB233-164.jpgA_nabeAfter233-164.jpg


Third Stage
[1] Preparation of canning jars: Heat jars and lids in simmering water (for later use).

[2] Remove dried figs from brandy and drain off the excess. Do notAnabeZ304-204.jpg discard the brandy. Add the marinated dried figs to the fresh figs prepared in the second stage and set over high heat. Bring to a boil, reduce heat to medium-to-high and simmer for about 6 minutes. Stir occasionally and skim off as much white foam as possible.

[3] Add the rest of lemon juice and honey, and continue to simmer for another 7 minutes. Stir occasionally and skim off as much foam as possible.

[4] Add cinnamon powder and 1 tablespoon of brandy used for marinating dried figs, remove from heat, skim off foam and ladle into clean canning jars sterilized in [1]. Leave 7-mm (1/3 to 1/4") head space. If you are not going to sterilize your fruit spread, you can skip the step 5. Instead, just twist on lids tightly and place them upside down. Note that if you skip the following step, you have to refrigerate them and eat them up within one to two weeks.

[5] (For a longer period of storing) Wipe rims and twist on lids lightly. Place in a boiling water canner, a steamer or a pot of a boiling water A_kanseinanameshomen_304-204.jpgand process (steam) for 15 minutes. Remove jars, twist on lids very tightly, return jars to the pot, and simmer for another five minutes. Remove jars from the pot, place them upside down, let cool for 30 minutes and wash them with running water. Properly canned
fruit spread can be stored for more than 2 months at room temperature. Refrigerate after opening and eat within a week.


関連記事
スポンサーサイト

PRAISE - BREAD - DONQ's PASTRY - ドンクの生乳クリームパン

DONQクリーム320-224
ドンクのパン第三弾です! 今回は菓子パンです。「ドンクばっかりやん!」「ドンクの回しもんとちゃうん!?」という声が聞こえてきそうですが、ご容赦を...単純に好きなんです!
ドンクにはフランスパンやデニッシュなんかのハイカラなパン以外のものもあります。個人的に、菓子パンを買うときはどうしてもクリームパンを買ってしまう傾向にあります
(つまりクリームパンが好きなんです)。でも、あたりはずれも結構多いんですよね。私にとって"ハズレ"というのはクリームが甘すぎたり、重すぎたりするもののことなんです。加えて、カスタードクリームの"冷たい"感じが好きなんです。これは決して温度のことを言っているのではなく、食べたときに"冷たさ"を感じるということなんですが (全然説明できていませんねえ...すみません)、これがたまに"暖かい"クリームがあるんです。で、ドンクの生乳クリームパンはどうかというと、ちゃんと冷たいクリームです!甘さはほどよく控え目で、わかりやすく言うと『上品』な感じ。量はたーっぷりというわけではありません。でもこれがおやつにはちょうど良い!パン生地のほうはかなり『軽い』食感で、胃にもたれません。素晴らしい!ただ、値段が一つ (確か) 180円 (186円だったかな) ほどなので、ちょっとクリームパンにしては高めなのが唯一の欠点かな... (今回のクリームパンはそごう神戸店 (各線三宮駅の浜側) で購入しました)



ドンクそごう神戸店
神戸市中央区小野柄通 8-1-8 そごう神戸地下
URL: http://www.donq.co.jp/


関連記事

CONFITURE - 上品かつコクのある甘さのダブルいちじく蜂蜜ジャム

(⇒ English Recipe / 英語のレシピ) (⇒ レシピ一覧へ)
A_fresh2D_153-224.jpgA_DRY2_153-224.jpgAjam1.jpg

もう本当に無花果の季節も終わろうとしていますね。本当の旬はとうに終わっているのですが、まあ、お店で普通に購入可能な季節ということで... 私もこれが今年の無花果ジャムの作りおさめということで、気合を入れて作ってみたところ、これがなかなか自慢できるものが出来上がりました!実を言いますと、ここまでに掲載させていただいた二種の無花果のジャムはかなり美味しいのですが、それでも「めっちゃ美味しーい!!!!」と叫ぶほどの会心の出来ではありませんでした... ですので、なんとか今年一番のいちじくジャムをということで臨んだわけです。

今回のポイントは: 糖分の半分が蜂蜜であること、乾燥無花果をかなり入れてみたことの二点です。味に深みを出すために、乾燥無花果は1週間前からブランデーに漬け込んでおきますので作るのに時間はかかります。でもその分美味しいです。やはり美味しいものは手間ひまかけてこそですね。よく料理は「気持ちがこもっていれば」と言いますが、この「気持ち」ってやはり一手間のことだと思うんです。蜂蜜がたっぷり入っていますのでとってもコクのある、それでいて上品な甘みのあるジャムが出来上がりました。尚、今回はレモンをいつもよりかなり入れているように見えますが、仕上がりの酸味はかなりマイルドです。


道 具
(もしかしたらお家にないかもしれないものだけ記します)
・ステンレスかホーローの鍋
・トング又は厚手のゴム手袋 できれば両方
・密封できるジャム瓶、Weck瓶など
・木べら


材 料
(できあがり:360gくらい。糖度:50~55度以上)
・生イチジク・・・・・・・へたを除いて300g
・乾燥イチジク・・・・・・60g
・レモン汁・・・・・・・・大さじ3 (45cc)
・甜菜グラニュー糖・・・・70g  *普通のグラニュー糖も可。
・はちみつ・・・・・・・・90g
・ブランデー(漬込用)・・・適量
・漬込んだ後のブランデー・・大さじ1 (15cc)
・シナモンパウダー・・・・適量
*糖度は煮詰め具合によってこれより低くなったり高くなったりします。


作り方
下準備1 (数日前)
[1] 乾燥無花果を2ミリくらいの輪切り (煮込みの項目の写真参照) にし、ガラスなどのふたつき容器に入れてひたひたのブランデーに漬け込んでおきます。漬け込み期間は大体3日~1週間くらいです。


下準備2 (2時間前)
[1] 無花果はよく洗い、へたを除いて皮ごと縦に六等分し、横に5mm厚くらいに切ります。甜菜糖(全量)・半量のレモン汁とざっくり混ぜあわせ2時間以上おいておきます。
A_nabeSatoB233-164.jpgA_nabeAfter233-164.jpg
PHOTO: 漬け込み開始時(左)と二時間後(右)


煮込み開始
[1] 煮沸消毒用の鍋にジャム瓶と水(熱湯は瓶が割れるのでダメですよ)を入れ、沸騰させてから5分ほど煮ます。煮沸消毒の終わった瓶は清潔な布巾の上に逆さまにしておいておいてください。鍋から取り出すときにはトングを使うか、或いは厚手のゴム手袋をしてやけどに気をつけてください。

[2] ブランデーに漬け込んでおいた乾燥無花果のブランデーをよくきります。このブランデーは最後に加えますので捨てないでくださいね。この乾燥無花果のブランデー漬けを、レモン汁と甜菜糖に漬け込んでおいた無花果に加え (写真)、強火にかけます。強火のまAnabeZ304-204.jpgま、時々やさしく木べらで底から混ぜてください。アクがかなり出てきますので丁寧にとります。6分ぐらいで蜂蜜と残りのレモンを加えます。(写真の乾燥無花果、ちょっとグロテスクに写っていますね... 実際もこんな感じで、ちょっとある意味、"虫"っぽいです...スミマセン... でも仕上がりはこの形はすっかりなくなりますのでご安心を)

[3] さらに7分ほど煮た後、やや火を弱めて煮続け、好みの粘度になったら火を止めます(最初から計算して大体15分くらいです)。火を止める直前に、残しておいたブランデーを加え、一瞬火を強めてアルコール分を飛ばし、最後にシナモンを加え、火を止めて完成。

[4] 用意しておいたジャム瓶にスプーンや横口レードルなどを使って出来上がったジャムを丁寧に素早く詰めます。瓶の口にジャムがついたら、熱湯でしぼったふきんで丁寧にふきとってください。瓶の上から7mmくらいのところまで詰めます。すぐに食べる場合は蓋をしっかりと閉め、ふきんの上に逆さまにして置いておきます。2週間以上は保存したい、或いは安全性・保存性を高めたいという場合は次の方法で脱気・殺菌をします。

[5] ジャムを瓶につめたら蓋をのせ、ごく軽く閉めて蒸し器又はふきんを敷いてお湯をはった鍋に入れます。鍋を使用する場合のお湯の量は瓶の肩くらいまで。少し隙間をあけて鍋の蓋をし、15分蒸します。15分たったら厚手のゴム手袋をして取り出し、蓋をぎゅっと完全にしめ、また鍋に戻し、さらに10分ほど加熱し、厚手のゴム手袋をして取り出しふきんの上に逆さまにして置いておきます。トングでも取り出せますが、熱湯を手にかけてしまう可能性が高まるのでゴム手袋のほうが安全です。

[6] 4又は5のいずれのやり方の場合も共通です。逆さまにしたらそのまま30分間、静かA_kanseinanameshomen_304-204.jpgに放置しておきます。30分後、水道水でよく洗い、そのまま10分ほど水で冷やせば完成!脱気・殺菌に自信がない場合や初めての場合は念のため、特に夏場は冷蔵庫で保存したほうが無難かもしれません。きちんと脱気・殺菌ができている場合は常温で2ヶ月は大丈夫です。開封後は必ず冷蔵庫に入れて1~2週間で食べきってください。



関連記事

JAPANESE STYLE DISH - Very Easy & Quick Tuna Mayo Pasta II

(⇒ Japanese Recipe / 日本語のレシピ) (⇒ List of Recipes)
FUKANcutB320-204.jpgAnother recipe for super easy and quick tuna mayo pasta!
As I mentioned before, pasta is very popular now in Japan and many Japanese style pasta recipes have been created. It has become an essential part of Japanese home style
cuisine! This time, I used fresh green peppers (no stir-frying) instead of stir-fried MAITAKE mushroom, so the pasta may taste more like "salad" for some people. Yet, pasta is a very good source of carbohydrates which provide fuel for your brain and muscles and this is why I eat pasta for my lunch!


Ingredients
(Serves one, or two if you don't eat much)
・A: 1 small can of tuna
・A: 1/4 medium size onion, chopped
・A: 1 medium size green pepper, chopped
・A: 1 teaspoon of olive oil
・A: 1 teaspoon of soy sauce
・A: 1 teaspoon of sake
・A: 2 to 3 Tbsps of mayonnaise
・A: Black pepper

・Desired amount of spaghetti (or other types of pasta)
・Salt (for boiling pasta)


Directions
[1] Combine and mix all the ingredients [A]s well.
[2] Cook pasta al dente in boiling salted water, drain water and mix well with the sauce you've just made.
[3] Place the pasta on a plate and enjoy!
DUP2cut350-224.jpg


関連記事

PHOTO - HARBORLAND, KOBE - 花とプレスリー ハーバーランド

所用でハーバーランドまでてくてくと出かけたところ、場違いなプレスリーの銅像 (?!何故ここに...) と毒々しい飾りの花の色が気になって撮影、ちょっと並べてみましたところ、妙に落ち着いてしまいました... (2010年10月22日。 全て手持ち撮影。お天気:うす曇り)

プレup460

花2460

前々から通りかかるたびに、プレスリーと神戸に一体なんの関係が?!と気になってはいました(まあ、銅像下に恐らくあるであろう説明を読めば多分すぐにわかるのでしょうが...すみません、読んでいません)。で、帰宅後ネットで調査(本当にあほみたいに便利な世の中だ!)。謎は秒速で解決!KOBE HARBORLANDのオフィシャルHPによりますと:「(本銅像は)1987年7月19日にエルヴィス没後10周年、小泉純一郎元首相、平尾昌晃、和田アキ子はじめ各界の著名人が寄贈して東京・原宿に建てられ、日本のエルヴィスファンの聖地となっていました。ロック・キャラクターの専門店「ラヴ・ミー・テンダー」の閉店に伴い、本年1月18日にプレスリー像が撤去され、新たな移転先を探していました。...(中略)移転先の候補地として、日本におけるジャズ発祥の地であり、音楽を愛する街神戸に打診があり(以上、KOBE HARBORLANDのオフィシャルHPより)」神戸へやってきたということです。ふーむ、そうなのか。えっ、でもプレスリーってカントリー+ブルースじゃあなかったっけ... 上:神戸市中央区ハーバーランド神戸情報文化ビル前のエルヴィス・プレスリー像 下:神戸市中央区ハーバーランド CANAL GARDENのダリア



■おわり■



関連記事

 | HOME |  Older Posts »

Categories

Recent Entries

Appendix

CapeDaisee

AUTHOR : CapeDaisee

Born and live in KOBE, JAPAN.
Love Hanshin Tigers, beer and cute tiny things.

神戸市出身・在住 女性
御多分にもれずタイガースファン。
何かを作るのが好きなので そして仕事と家事に忙殺されぬよう ジャムを煮たり写真をとったりしています。おうちで作るジャムのおいしさと神戸のいいところを伝えられれば幸いです。
好きな映画や本や音楽やモノやコトについても時々書いています。
でも最近は写真ばっかりだな...

   LINK :  SmallPhotoFactory

Recent Comments


   THANK YOU For Stopping By!
   Has Been Visited By :     
   Now Being Viewed By : 

Archives


Calendar

09 « 2010/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Trackbacks

Other Links

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。