スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DINNER - エビとアスパラのソテー 自家製サウザンアイランド添え

(⇒ English Recipe / 英語のレシピ) (⇒ レシピ一覧へ)
前回ご紹介したサウザンアイランドドレッシングを使って簡単にできるエビとアスパラガスのソテーです。普通エビにサウザンアイランドを添える場合はゆでてカクテル風或いはサラmae5BLarge304-224.jpgダ風にすることが多いかと思いますが、それでは副菜になってしまいますよね。このレシピでは、せっかくのエビをメインにしたいので、エビと野菜をにんにくで焼いてドレッシングをかけてみました。エビってなんだか子供の頃から『えび天』や『エビフライ』など、特別感というか、ご馳走感があってサラダで済ますのはどうしても軽い抵抗感があるんです(せこいかな...でも実
際そう安くはないですよねえ)。 ゆでただけの『サラダ』だと男性の中には物足りないと感じられる方も結構いらっしゃるかもしれませんが、オリーブオイルで炒めていますので、そういう方にも満足してもらえると思います(ただし、当然その分カロリーはあがりますが、美味しく楽しいっていうことも食事においては重要ですもんね)。


材 料
(二人前)
・エビ大・・・・・・・・・・10尾
・グリーンアスパラガス・・・1束
・にんにく・・・・・・・・・1かけ
・オリーブオイル・・・・・・小さじ1
・酒・・・・・・・・・・・・大さじ1/2
・ブラックペッパー・・・・・適量
・塩・・・・・・・・・・・・適量

サウザンアイランドドレッシング
・スパイシーピクルスみじんぎり・・・・大さじ1/2
・玉ねぎみじんぎり・・・・・大さじ1/2
・マヨネーズ・・・・・・・・大さじ2+小さじ1
・ケチャップ・・・・・・・・大さじ1
・リーペリンウスターソース・・小さじ1/2
・醤油・・・・・・・・・・・小さじ1/2
・甜菜糖(又は上白糖)・・・・小さじ1弱
・乾燥パセリ・・・・・・・・適量
・ブラックペッパー・・・・・適量

*ピクルスがない場合はらっきょで代用できます。その場合は白ワインビネガーを小さじ1/2足すと味が落ち着きます。
*ピクルスは特に"スパイシー"である必要はありません。好みです。


作り方
[1] ドレッシングの材料すべてをよく混ぜ合わせてドレッシングを準備しておきます。多目に作った場合は冷蔵庫に保存して、翌々日までに食べ切ってください。

[2] エビは背わたとからを取り、グリーンアスパラガスは洗って食べやすい大きさ(3等分くらい)に切ります。

[3] フライパンにオリーブオイルとみじん切りにしたにんにくを入れ火にかけます。香りがしてきたらエビを入れ、酒をふりかけ蓋をして2分ほど蒸し焼きにします。

[4] 蓋をとりアスパラガスを入れ、ブラックペッパー、ほんの少量の塩をふって軽く火が通るまで炒めます。ドレッシングをかけるので塩はかなり控えめに。

[5] 1~2分で火が通ったらお皿に盛り付け、準備しておいたドレッシングをかけて出来上がり。



関連記事
スポンサーサイト

PRAISE - SWEETS - PATRIE - 菓子's パトリのシュークリーム 邂逅篇

creamhiki320-228C.jpg
遂に菓子's パトリのシュークリームとの7年ぶりの再会の日がやって来ました!(どういうことかと言いますと、詳しくはこちらをどうぞ⇒『パトリのシュークリーム 別れ篇』)
かいつまんで申しますと、北野坂パトリが突如閉店、大好きだったシュークリームの販売は終了、それ以降シュークリーム再開の事実も知らぬまま7年の歳月が流れ、先
patrieEnt320-228.jpg日偶然、二宮のお店で販売が再開されているということを知ったというわけです。
前回は夕方に買いに行ったため既に売り切れていたので今回は午前中に行ってみました。さすがに開店直後だったのでショーウインドウはケーキでいっぱい。カフェにもホテルの宿泊客かなと思われる方々がたくさんいらっしゃって、前回はいらっしゃらなかった支配人風の男性がどんと構えていらっしゃいました。すぐにシュークリームを2つ購入し、保冷剤もきっちりと入れてもらって(こちらから要求しなくても持ち歩き時間によって入れてくれます。私は「30分持ち歩きます」と言いました)一路自宅へ。お彼岸をすぎて随分と涼しくはなっていたのですが、この日は日差しがきつかったのでできるだけ(保冷剤が入っているとはいうものの)シュークリームに日が当たらないよう右に持ったり左に持ったりしながらとにかく急いでかつ丁寧に歩いて自宅に到着!写真撮影をしたりして興奮している私に対して、「クリームが変わっているのだからそんなに期待しないほうが...」と比較的表面的には冷静な相方。確かにそれは正しいかもしれない。写真撮影も無事(?)終わり、いよいよ実食です。

一口食べてみて「ん??」。もう一口、二口...おいしい、でもこんなんだったかな?さらに一口。かなりおいしい、でも、やはりなんか違う... 甘い、前より確実に甘いのです。皮はshomen2CUT320-236.jpg以前と同じ2種(店頭の説明では3種の皮と書いてありました。素人目におおざっぱに言って、上がサクサクっとしたクッキー風、下がパイ生地の2種ということです)で変わりないようです。でも、先日店員さんがクリームの味が変わったとおっしゃってらした通り、クリームが甘くなっているんです。かなりショック!もちろん、依然としてパトリのシュークリームはかなり美味
しいです。一流だと思います。ただ単純に我々の愛した味と少しずれてしまったようです。7年前の味が、例えて言うなら、絶好調の藤川球児が火の玉ストレートでとったストライク・三振であるとするならば、今回のはちょっと調子の悪い日の球児がフォークでとった三振という感じでしょうか... 前のは甘さに透明感があるというか、後味が非常にすっきりとした、でもそれでいて濃厚な、なんとも言えない味だったのです。でも誤解しないでください。あくまで「甘ーいもの」が実は苦手な我々の好みと見解です。もしかしたら、7年の間に我々の舌がよりあっさり好みになったのかもしれませんし。たぶん多くの方はこれくらいの甘さを好まれるんだろうと思いますので、依然、パトリのシュークリームはお勧めです。でもこれで、甘すぎない美味しいものを愛する我々のお気に入りがまた一つ消えたのか...と思うとちょっとだけ残念(まあ、一度はなくなったと思っていたものだけど...)。かくして北野坂パトリのシュークリームは再び幻のシューとなったのでした...



菓子's PATRIE
神戸市中央区二宮町4-20-5(加納町交差点東 ホテルピエナ神戸1F)
URL: http://www.piena.co.jp/kashis/
KanochoBW320-224.jpg
加納町交差点。三宮からフラワーロードを北上した場合はここで右折です。道の右側を歩いていた場合はそのまま、左、或いは西の北野方面から来た場合は陸橋を渡ること。


関連記事

PRAISE - SWEETS - PATRIE - 菓子's パトリのシュークリーム 別れ篇

patrieHallHikiH228.jpg
十年近く前、まだ会社勤めをしていた頃、週末土曜は両親の商売を手伝っていたのですが、毎週その昼休みに北野坂にある菓子's パトリのシュークリームを買っては食べていました。普段は240円(だったと思います)で他店よりちょっと高めなのですが、昼の12時から4時まではタイムサービスでなんと半額120円になるのです。
patrieCakesCut2320-240.jpgこのシュークリームが他のどこのお店のものよりそれはそれは美味しかったんです。皮が上下で種類が違っていて、サクサクっとしたクッキーのようなものとパイ生地のようなものなんです。クリームの甘さもかなり控えめで絶妙!残念ながら、正直言うとパトリの他のケーキはちょっと私には甘すぎたのですが... とにかく、土曜日になるともう猫まっしぐらでした。
そんな愛しのシュークリームがある日食べられなくなったのです。2003年、菓子's パトリ北野坂店は閉店します。このときはまだ、まあ、加納町のホテルピエナに行けばあるだろうとそう深くは考えていなかったのですが... しかし、しかし、ホテルピエナを訪ねたところ、シュークリームが見当たらないんです!!店員さんに尋ねてみると、「シュークリームはございません」と。「それは、今日切らせていらっしゃるのですか?それともずっとないんですか?」とさらに尋ねると、「申し訳ございません。シュークリームはもう販売いたしません」と。ガーン!ショックでした。もうパトリのシューは食べられないんだ... ということで、それ以来パトリのシュークリームはまったく食べていませんでした。

そしてパトリのシュークリームとの悲しい別れから7年、先日ジャムのことをちょっと調べようと菓子's パトリで検索していたところ、多くの方がパトリの「シュークリーム」についてブログで紹介されていることに気づきました。「シューはもうないだろー」と思いつつ読んでみまpatrieCakesHidari320-240.jpgすと、みな最近の記事でホテルピエナ1階菓子'sパトリであのシュークリームを食べたと述べておられるんです。「どういうこと!?」と急いでPATRIEの公式ウエブサイトを見てみますと、あるんです!シュークリームが!写真入りでちゃんと200円と紹介されていました。知らないうちに復活していたんです。これは食べなければということで早速現地へ!

物事はそう簡単には運びません。お店についてエントランスの写真をとっている私に相方が「シュークリームが見当たらないよ」と一言。うそーとばかりにショーケースを見ると確かにありません。店員さんに尋ねると、開店すぐに大量に購入された方がいて、その日はもう売り切れたとのこと。ショック。そして店員さんの話を聞くうちに大変なことが発覚しました。店員さん曰く、(レシピが変わり)北野坂店の頃とは味が違うものになっているとのことなんです!!クリームの味が変わったそうです。そう言えば、ウエブの写真が心なしか違っていたような気がしないでも... この店員さんはとても感じのよい方で、次回は来店前に電話をすればちゃんと取りおきしておくので是非お電話をくださいと。かくして、パトリのシュークリームとの再会はおあずけとなりました。しかし、味がどう変わっているんだろう...不安と期待が入り混じります... (写真はすべてホテルピエナ内、現在の菓子'sパトリ)



菓子's PATRIE
神戸市中央区二宮町4-20-5(加納町交差点東 ホテルピエナ神戸1F)
URL: http://www.piena.co.jp/kashis/
patrieCUT320.jpg
この話の結末『邂逅篇』はこちらをどうぞ


関連記事

JAPANESE FOOD - Storable Lightly-Pickled Cucumber Asazuke

(⇒ Japanese Recipe / 日本語のレシピ) (⇒ List of Recipes)
This is the recipe for spicy "Asazuke", Japanese-style lightly-pickled cucumber. Most asazuke pickels can be "quicklyきゅうり全体250 and easily" made, but my recipe is not a very quick nor easy one (please don't be discouraged...). In most cases, asazuke is supposed to be prepared maybe within an hour, but this recipe will need more than 6 hours and one night! I make asazuke this way in order to make them storable for more than two weeks (most asazuke pickles are supposed to be eaten within a few days). Like other "Tsukemono" (Japanese style pickles), Asazuke goes great with beer or cold sake!


Ingredients
(Makes two 160cc jars)
・2 cucumbers
・About 300 cc of 12-15% salted water (300cc of water + 3 Tbsps of salt)
・About 600 cc of 1% salted water (for desalting cucumber)
・A: 1.5 Tbsps of cereal (or rice) vinegar
・A: 2 Tbsps of soy sauce
・A: 1 Tbsp of sake
・A: 80 cc of water
・1/2 Tbsp of sesame oil
・2 pieces of dried red chili pepper (called "Taka no tsume")
・1 Tbsp of corsely chopped ginger


Directions
[1] Wash cucumber well with running water, cut into bite sizes and place them neatly in a heat resistant container.

[2] Boil 12-15% salted water, pour over the cumcumber, place something heavy (like a weight stone) on them and let rest for 3 to 4 hours.

[3] Discard the salted water and replace with 300cc of newly prepared 1% salted water to desalt the cucumber. Let stand for one hour, replace water again and let stand for another 2 hours.

[4] Preparation of canning jars: Heat jars and lids in simmering water.

[5] Combine the ingredients [A] in a small saucepan, bring to a boil, stop heat and add sesame oil.

[6] Wash the cucumber well with running water until it tastes "good" (meaning "not too salty"). Boil the cucumber for 2 to 3 minutes.

[7] Put the cucumber in jars nicely, place red chili peppers and sliced ginger on top of them, pour the liquid prepared in the step [5] and sterilize in the following method. (If you are not going to sterilize them, eat them up within a few days)

きゅうりアップ220[8] Wipe rims and twist on lids very lightly. Place in a boiling water canner, a steamer or a pot of a boiling water and process (steam) for 15 minutes. Remove jars, twist on lids very tightly, return jars to the pot, and simmer for another five minutes. Remove jars from the pot, place them upside down, let cool for 30 minutes and wash them with running water. Let rest in the refrigerator overnight before eating. Garnish with roasted sesame when eating. Eat within a week once opened. Can be stored in the refrigerator for 2 to 3 weeks unopened.


関連記事

JAPANESE FOOD - Different but So Tasty TERIYAKI Chicken

(⇒ Japanese Recipe / 日本語のレシピ) (⇒ List of Recipes)
toriyoko2CUT300-204b.jpgI believe I don't need any explanation for TERIYAKI chicken! It is one of the most famous and popular Japanese dishes in the world! But my recipe is slightly (or very?) different from traditional ones. Like I did in my last recipe for ruby snapper fish, I use plenty of garlic,
scallion and ginger. So maybe this should not be called "TERIYAKI"... Anyway, the original recipe has been handed down from my mother to me, and this has always been the "TERIYAKI" for me and, believe me, no other teriyaki has tasted better than my home-style teriyaki chicken!


Ingredients
(Serves 2 people)
・2 chicken thighs, deboned
・1 - 2 Tbsps of garlic, chopped
・2 Tbsps of ginger, chopped
・2 Tbsps of scallion, chopped
・A: 3 Tbsps of beet sugar (or usual white sugar)
・A: 3 Tbsps of soy sauce
・A: 150 cc of sake
・1 teaspoon of vegetable oil


Directions
[1] Chop garlic, ginger and scallion into small pieces and combine with the ingregients [A] (sugar, soy sauce and sake).

[2] Place chicken in a deep plate, add the sauce and let rest for about 10 minutes.

momonabehiki250-184.jpg[3] Put a very small amount of vegetable oil in a wok and warm over medium heat, add chicken first, skin side up, then the sauce, and set heat to high. Reduce heat to low as soon as it comes to a boil and simmer for 7 to 10 minutes, covered.


[4] Turn the chicken, set heat to high for just 10 seconds, reduce heat to low again and simmer for about 7 minutes, covered.

[5] Uncover the wok and simmer over medium to high heat until the sauce is boiled down to 1/2 or 1/3. Cut and place the chicken on a plate, garnish with the cooked garlic-ginger-scallion sauce and enjoy!


関連記事

 | HOME |  Older Posts »

Categories

Recent Entries

Appendix

CapeDaisee

AUTHOR : CapeDaisee

Born and live in KOBE, JAPAN.
Love Hanshin Tigers, beer and cute tiny things.

神戸市出身・在住 女性
御多分にもれずタイガースファン。
何かを作るのが好きなので そして仕事と家事に忙殺されぬよう ジャムを煮たり写真をとったりしています。おうちで作るジャムのおいしさと神戸のいいところを伝えられれば幸いです。
好きな映画や本や音楽やモノやコトについても時々書いています。
でも最近は写真ばっかりだな...

   LINK :  SmallPhotoFactory

Recent Comments


   THANK YOU For Stopping By!
   Has Been Visited By :     
   Now Being Viewed By : 

Archives


Calendar

08 « 2010/09 » 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Trackbacks

Other Links

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。