スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LIST OF RECIPES (ENGLISH)

日本語でのレシピ一覧はこちらをどうぞ Recipe List in Japanese ⇒ あいうえお順
momoNAKA188.jpgichigospoon大

JAM / PRESERVE / FRUIT SPREAD / CONFITURE / MARMALADE
・A Brief Introduction of My Fruit Spread English
・Blueberry Spread Japanese English
・Blueberry and Raspberry Spread (Low-Sugar!) Japanese English
・Blueberry and Raspberry Spread (A Bit Sweeter) Japanese English
・Fig Fruit Spread au Grand Marnier Japanese English
・Fig Fruit (Dried & Fresh!) Spread with Honey Japanese English
・Fig Fruit Spread with Red Wine and Spices Japanese English
・Mandarin MIKAN Orange & Pear Fruit Spread Japanese
・Orange Marmalade (Bankan Orange) Japanese English
・Orange Marmalade (Bankan Orange & Kiwi Fruit)  Japanese English
・Orange Marmalade (Ponkan Orange & Grape Fruit, Low-sugar)  Japanese
・Peach Spread with Raspberry and Red Wine  Japanese English
・Pear Fruit Spread with Lemon au Kirsch Japanese English
・Pear Fruit & Strawberry Spread au Kirsch Japanese English
・Pear Fruit & Blueberry Spread with Red Wine Japanese
・Persimmon Fruit Spread Japanese English
・Pinkish Peach Spread au Grand Marnier  Japanese English
・Sesame Honey Spread, Tasty & Great for Your Skin! Japanese English
・Strawberry, Orange & Red Wine Spread  Japanese English
・Strawberry, Pear & Raspberry Spread  Japanese English

JAPANESE HOME STYLE CUISINE
・Bitter Melon: Spicy Stir-Fried Bitter Melon (GOYA) Japanese English
・Chicken: Different but So Tasty Teriyaki Chicken Japanese English
・Fish: Ruby Snapper Braised in Garlic+Ginger Soy Sauce Japanese English
・Noodle: Bukkake-Udon Noodles (Warm Noodles with Cold Sauce) English
・Noodle: Zarusoba Dipping Sauce (No White Sugar nor Mirin) Japanese English
・Noodle: Zaru Udon (Cold Udon Noodles with Dipping Sauce) English
・Pasta: Very Quick & Easy Tuna Mayo Pasta Japanese English
・Pasta: Very Quick & Easy Tuna Mayo Pasta II Japanese English
・Pickles: Storable Lightly-Pickled Cucumber "Asazuke" Japanese English
・Salad: Japanese Style Thousand Island Dressing Japanese English
・Salad: Non-Meat but Quite Veggie & Creamy Potato Salad Japanese English
・Salad: Spicy Cellophane Noodle Salad a la Chinoise Japanese English
・Salad: Lotus Root Salad with Japanese Yellow Mustard Sauce Japanese English
・Seafood: Braised Shrimp with RAKKYO 1000 Island Sauce Japanese English
・Tofu: Chinese MAPO TOFU with Eggplant for Vegetarians Japanese English

OTHER (NON-JAPANESE) HOME STYLE CUISINE
・Pasta: So Delicious Tomato Pasta with Sardine and Lemon Japanese
・Pork: Non Deep-Fried Chinese Sweet and Sour Pork "Subuta" Japanese



スポンサーサイト

LIST OF RECIPES (JAPANESE)

If you are looking for the English list... 英語の一覧はこちらをどうぞ ⇒ ABC
bluenabeue250.jpgmomoNAKA188.jpgichigospoon大

JAM / PRESERVE / FRUIT SPREAD / CONFITURE / MARMALADE
・イチゴジャム、オレンジと赤ワイン風味 (July 2010) 日本語 English
・イチゴジャム、洋梨とラズベリーミックス (October 2010) 日本語 English
・イチジクジャム、赤ワインとスパイス風味 (September 2010) 日本語 English
・イチジクジャム、乾燥無花果と蜂蜜入り (October 2010) 日本語 English
・イチジクまるごとジャム、グランマルニエ風味 (August 2010) 日本語 English
・柿ジャム、渋くても気にしない! (November 2010) 日本語 English
・黒ごまスプレッド 美味&美肌効果抜群! (October 2010) 日本語 English
・梨とレモンのジャム、キルシュ風味 (August 2010) 日本語 English
・ブルーベリーのジャム (February 2011) 日本語 English
・ブルーベリーとラズベリーのジャム(中糖度) (August 2010) 日本語 English
・ブルーベリーとラズベリーの低糖ジャム (July 2010) 日本語 English
・マーマレード(キウイと晩柑のマーマレード) (July 2010) 日本語 English
・マーマレード(晩柑のマーマレード) (脱気殺菌詳細) (June 2010) 日本語 English
・マーマレード(ポンカンの低糖マーマレード) (Jan. 2011) 日本語
・蜜柑と洋梨のジャム、グランマルニエ風味 (December 2010) 日本語
・桃色の桃ジャム、グランマルニエ風味 (July 2010) 日本語 English
・桃とラズベリーのジャム、赤ワイン入り (August 2010) 日本語 English
・洋梨とブルーベリーと赤ワインのジャム (November 2010) 日本語
・洋梨と冷凍いちごの甘い香りのジャム (September 2010) 日本語 English

OTHER RECIPES
・浅漬け:結構日もちのする胡瓜の浅漬け (July 2010) 日本語 English
・えび:えびのソテー サウザンアイランド添え (September 2010) 日本語 English
・ゴーヤチャンプルー:ピリ辛ゴーヤチャンプルー (July 2010) 日本語 English
・すぶた:油で揚げないのに普通より美味しい酢豚 (July 2010) 日本語
・ドレッシング:サウザンアイランドドレッシング (September 2010) 日本語 English
・鶏肉:ひと味違う我が家の鶏の照り焼き (September 2010) 日本語 English
・煮魚:にんにくたっぷり 浜鯛の香味煮 (September 2010) 日本語 English
・パスタ:超手抜き ツナのマヨ和えパスタ:舞茸 (August 2010) 日本語 English
・パスタ:超手抜き ツナのマヨ和えパスタ:ピーマン (October 2010) 日本語 English
・パスタ:簡単・美味しい トマトと鰯レモンのパスタ (September 2010) 日本語
・春雨サラダ:中華風ピリカラにんじん春雨サラダ (October 2010) 日本語 English
・ポテトサラダ:野菜たっぷり肉不使用のポトテサラダ (August 2010) 日本語 English
・麻婆料理:ベジタリアンのための厚揚げ麻婆茄子 (October 2010) 日本語 English
・めんつゆ:白砂糖もみりんも使わないざる蕎麦のつゆ (July 2010) 日本語 English
・蓮根サラダ:蓮根のからしマヨしゃきしゃきサラダ (November 2010) 日本語 English


CONFITURE - BANKAN ORANGE MARMALADE

(⇒ Japanese Recipe / 晩柑マーマレードの日本語のレシピ) (⇒ List of Recipes)
Here is a recipe for really bitter marmalade made from Japanese Bankan orange. Bankan oranges are produced andpainzentai304-204B.jpg distributed in Japan. They look like grapefruits, but less bitter. Those who are not familiar with the fruits, please see:
⇒ Photo of "Bankan". Note that my marmalade is bitter, so if you do not like something bitter, please don't bother to try... But if you like bitter marmalade, you'll love it.
This time, I took two days to make the marmalade, but you do not always have to spend two days to make jams. I will post the one-day version next spring!


Ingredients
(Makes about 300 to 380 grams (10 to 13 oz), 50 to 55 % sugar)
・1 medium Bankan orange (about 320g (11 oz))
* Please use organic oranges!
・2 Tbsps (30cc) of lemon juice
・155g (5.4 oz) of granulated beet sugar
* 100g (3.5 oz) for the 1st day and 55g (1.9 oz) for the 2nd day
・1 Tbsp (15cc) of Grand Marnier
・A little bit of water


Directions
First Day
[1] Wash bankan oranges with salt and hot water using a scrubbing brush.

[2] Cut the surface of bankan in eighth and remove rind. You will have eight pieces of neat leaf-shaped rind. Do not cut away inner white part of rind because it is the important source of pectin and bitterness. Cut rind into thin slivers. Slice pulp into slivers (about 1mm thick).

[3] Put water and sliced rind in a large bowl. Wash them very gently for just a few seconds. Drain and discard water.

[4] Combine pulp, washed rind and a bit of water (about 100cc) in a small to medium stainless-steel or enamel saucepan and bring to a boil, uncovered.

[5] Cover, reduce heat to low and simmer until rind becomes soft and half-transparent, approximately for 5 minutes.

[6] Uncover, add first day's sugar (100g), set over high heat for a few minutes to bring to a boil, reduce heat to medium and simmer about 5 minutes, stirring occasionally.

[7] Remove from heat and skim off foam. Allow to stand 10 minutes and pour into a clean bowl. Cover tightly and place in a refrigerator overnight.

Second Day
[1] Preparation of canning jars: Heat jars and lids in simmering water (for later use).

[2] Return mixture to saucepan. Add the rest of sugar and lemon juice and set over high heat. Bring to a boil, reduce heat to medium and continue simmering for about 10 to 15 minutes. Stir occasionally and skim off as much foam as possible.

[3] Add Grand Marnier, remove from heat, skim off foam and ladle into clean canning jars sterilized in the step [1]. Leave 7-mm head space. If you are not going to sterilize your marmalade, you can skip the step 4. Instead, just twist on lids tightly and place them upside down. Note that if you skip the following step, you have to refrigerate them and eat them up within one to two weeks.

[4] (For a longer period of storing) Wipe rims and twist on lids very lightly. Place in a boiling water canner, a steamer or a pot of a boiling water and process (steam) for 15 minutes. Remove jars, twist on lids very tightly, return jars to the pot, and simmer for another five minutes. Remove jars from the pot, place them upside down, let cool for 30 minutes and wash them with running water.

* Note that the concept and laws concerning food preservation might be different depending on where you live, so please follow proper canning procedures taken and recommended in your country.
You can see some examples of canning methods at such websites as :
・the "HOW TO CAN" page in the Ball's website (USA)
National Center for Home Food Preservation (USA)


関連記事

CONFITURE - 晩柑のマーマレード

(⇒ English Recipe) (⇒ レシピ一覧へ)
六月になって早々に、たくさん作りだめておいた甘夏のマーマレードがなくなりそうな気配を見せてきました。柑橘類は大好きですので、これはまずいということで、暑い時期にも出回る国産柑橘を調べてみたところ、河内晩柑が見つかりました。painzentai304-204B.jpg晩柑は「和製グレープフルーツ」などとも呼ばれているそうですが、苦味はグレープフルーツほどありません。個人的にマーマレードの醍醐味は苦味だろうと思っていますので、白綿部分の苦味抜きはほとんどせずに作ってみました。甘夏や八朔などを使う時も同じような手順になるのですが、これらを使用する場合は、晩柑より少し多目に苦味抜きをしたほうがよいです。
このレシピはBitter Marmalade用です。苦いのが苦手な方は皮の「あく抜き」や「ゆでこぼし」が必要となります。さらにこの過程で失われたペクチンを種等から抽出して補う必要があります。「苦い」と言っても、二歳になる姪"Sunshine"は「おいちー」と言ってばくばく食べています(遺伝?)が...

今回は2日に渡って作ってみました。というのは、この晩柑の皮をかじってみるとなんだか甘かったからです。つまり、後で加える甘み(砂糖)や酸味(レモン)の量が甘夏の場合とずいぶん違ってくるのでは?と考えたからです。これが何故2日間の作業と関係するかと言いますと、出来立てのマーマレードは(いつもの私の手法では)皮に完全に甘みが浸透していませんので、数日後に完成する味がその場で判断できないのです。1回目の火入れの後に砂糖を加え一晩寝かせることで皮に砂糖が浸透し、本煮の段階で大体の甘み・酸味がわかるかなと考えたのです。結果は、やはり甘夏よりもかなり酸味を増やさなければいけませんでした。(このあたりは好みでしょう)

これが河内晩柑です。ウエック瓶Lサイズの蓋にのっけてみましたので(ウエックをご存知の方は)大きさを想像してください。320グラムありました。近所の自然食品店で購入したのですが、これでも小さい方でした。横のこぶたは一緒についてきません...


以下、晩柑のマーマレードのレシピです。マーマレードは他のジャム/コンフィチュールに比べてちょっと面倒な手間が必要です。でも、その分、自分や家族の舌にあったとても美味しいものが出来ます。一度自作のマーマレードを作ると市販のものはきっと物足りなくなるかと思います。念のため、ひつこいようですが、私のレシピはかなり「苦い」です...

あと一つ大事なことですが、皮を食べるマーマレードにはできるだけ無農薬・減農薬のものを使ってください。柑橘類の皮は「食べない」ということが大前提ですので、他の果物より使用農薬の許容量が多く設定されているそうです(つまり、農薬の量に関しては、林檎や葡萄を皮ごと食べるのとは違うということです)。


道 具
・ステンレスかホーローの鍋 *1
・蒸し器又は深めの鍋 *2
・トング又は厚手のゴム手袋 *3
・密封できるジャム瓶、Weck瓶など *4
・冷蔵庫に入る大きさのボールか保存容器 (ステンレスかホーロー) *5
・木べら
・清潔な布巾×2枚
・計量スプーン/量り

*1: 今回は晩柑1つ(320g)を使いますので直径18~20センチくらいで。アルミは酸に弱いので使わないでください。家にある鍋がアルミかステンレスかわからない!という場合は、マグネット(磁石)をくっつけてみてください。ステンレスならくっつきます。ただし、つかないステンレスもありますので、これで100%アルミを検出できるわけではありませんが、少なくとも、「絶対ステンレスだ!」というものは検出できるかと思います。

*2: 脱気・煮沸用です。これをしない場合は冷蔵保存して1週間以内に食べきります。

*3: ホームセンターで売っている厚手の「耐油性」が安価で良いです(300円くらい)。「耐熱性」がベストなのでしょうが、やや値がはります(1000円くらいから)。

*4: よく耐熱性のガラスではないと煮沸できないのではと思っていらっしゃる方がいるようですが、そんなことはありませんので。耐熱性とは、瞬間的に例えば20度から100度(熱湯)に温度変化しても壊れないということで、水やぬるま湯から徐々に温度を上げれば普通のガラス瓶はまったく割れることはありません。通常、厚さ3mmのガラスで50~60度の温度差に耐えるそうです(6mmでは30度くらいだそうです)。ジャム用のガラス瓶は大手スーパーや東急ハンズなどで1つ100円くらいから売っています。またネット販売ですと、1つ50円くらいからあります。ガラス本体の方はかけさえしなければ半永久的に使えるのですが、蓋はパッキンがへたってきます。換え蓋はネット販売などで1つ10円くらいで売っています。私は長期保存用・おすそわけ用にはネットで購入しているジャム瓶、自宅で比較的短期間に食べるものはWECK瓶の最小サイズ(80cc)をもっぱら使用しています。色んな味のを作ってみたいので大きいものには入れません。

*5 一晩漬け込むので酸に強いホーローかステンレスが良いです。晩柑が出回る季節は暑い季節ですので、必然的に一晩寝かせるのは冷蔵庫ということになりますので、「冷蔵庫に入る大きさ」としました。


材 料
(できあがり:300g~380g。糖度:50~55度)
・晩柑・・・・1つ(今回使用したものは320gでした)
・レモン汁・・大さじ2 (30cc) *レモン1個で50ccほどとれます。
・甜菜グラニュー糖・・155g (100g+55g) *普通のグラニュー糖も可。
・グランマルニエ・・・大さじ1 (15cc) *なくても可。
・水少々
*糖度は煮詰め具合によってこれより低くなったり高くなったりします。


作り方
First Day 一日目
[1] たわしを使って塩とお湯で晩柑の表面をよく洗います。晩柑の皮に縦に八等分(六等分でも可)になるように切れ目を入れ、白い綿ごとむきます。綿は大事な苦味とペクチン(とろみ)のモトなので取らないでください。むいた皮はできるだけ薄く(厚さ1mmくらい)切り、ボウルにためた水にさっとくぐらせてざるにあげて水気を切ります。 *流水は使わないでください!苦味とペクチンが逃げます。

[2] 実を厚さ2mmくらいに刻み、[1]とざっくりと混ぜ鍋に入れ、ひたひたになるように適当に水を足し強火にかけます。

[3] 沸騰したら火を少し弱め、蓋をして5分煮ます。これで皮が柔らかくなります。

[4] 甜菜糖100gを加え強火に。蓋はもう取ります。こげないように木べらで混ぜながら再沸騰させます。再沸騰してアクがたまってきたら火を止めて丁寧にアクをとってください。

[5] 別の容器に[4]をうつし、密閉用の蓋がない場合はラップをかけて冷蔵庫で一晩寝かせます。


Second Day 二日目
[1] 煮沸消毒用の鍋にジャム瓶と水(熱湯は瓶が割れるのでダメですよ)を入れ、沸騰させてから5分ほど煮ます。煮沸消毒の終わった瓶は清潔な布巾の上に逆さまにしておいておいてください。鍋から取り出すときにはトングを使うか、或いは厚手のゴム手袋をしてやけどに気をつけてください。マーマレードが出来るまで取り出さないほうが良いのだけれど、一人で作業をしている場合、マーマレード完成時に早くつめなくっちゃ!と焦ると事故の元ですので、家庭で食べるためのものならば先にこちらを用意しておいたほうが安全かなと思います。煮沸消毒している間にレモン、残りの砂糖、グランマルニエを計量しておきます。

[2] ホーローかステンレスの鍋に一晩寝かせておいた晩柑、残りの甜菜糖、レモン汁を入れ強火にかけます。沸騰してきたら時々やさしく木べらで底から混ぜてください。アクが出てきますので丁寧にとります。素早くアクとりが出来ない場合は、その間、火をかなり弱めても構いません。

[3] 強火で煮続けますが、あまりに強すぎるようなら中火にします(スミマセン、「あまりに強すぎる」の客観的な表現ができません...「これこのままやったら焦げ焦げになるでえ!」という直感なんですが...)。煮ているうちに泡が大きくなるというか、透き通るというか、重くなるというか、「おや、来た来た!」という変化を起こしてきます(つまり粘度が出てきているのです)。ここまでで10~13分くらいです(意外と早いですね!)。この辺りで一度味見をしてみて、酸味が足りないようなら少しレモン汁を足します。熱いのでやけどに気をつけてください。私はよくやけどします...

[4] やや火を弱めて煮続け、好みの粘度になったら火を止めます(最初から計算して大体15分くらいです)。冷めると粘度が増すのでちょっとゆるゆるかも...程度の段階で止めてください。火を止める段階だと判断したら、止める直前にグランマルニエを入れ、火を強めてアルコールを飛ばし、そして火を止めて完成です。

[5] 用意しておいたジャム瓶にスプーンや横口レードルなどを使って出来上がったマーマレードを丁寧に素早く詰めます。瓶の口にマーマレードがついたら、熱湯でしぼったふきんで丁寧にふきとってください。瓶の上から7mmくらいのところまで詰めます。すぐに食べる場合は蓋をしっかりと閉め、逆さまにしておきます。2週間以上は保存したい、或いは誰かにおすそわけしたいので安全性・保存性を高めたいという場合は次の方法で脱気・殺菌をします。

[6] マーマレードを瓶につめたら蓋をのせ、ごくごく軽く閉めて蒸し器又はふきんを敷いてお湯をはったお鍋に入れます。鍋を使用する場合のお湯の量は瓶の肩くらいまでです。少し隙間をあけて鍋の蓋をし、15分蒸します。15分たったら厚手のゴム手袋をして取り出し、蓋をぎゅっと完全にしめ、また鍋に戻し、さらに10分ほど加熱し、厚手のゴム手袋をして取り出し、逆さまにしておきます。トングでも取り出せますが、熱湯を手にかけてしまう可能性が高まるのでゴム手袋のほうが安全です。

[7] 5又は6のいずれのやり方の場合も共通です。逆さまにしたらそのまま30分間、静かに放置しておきます。30分後、水道水でよく洗い、そのまま10分ほど水で冷やせば完成です!脱気・殺菌に自信がない場合や初めての場合は念のため、特にこの季節は冷蔵庫で保存したほうが無難かもしれません...私もうち用のものは常温保存ですが、姪(二歳)にあげるものは渡す直前まで冷蔵庫に保管しています。小さい子は色んな菌に対する耐性がついていませんので...しかしながら理屈上は上記の方法を正確に行えば半年でも1年でも保存できるはずです。ただし、色や風味の劣化はあります。

これで出来上がりです。でも、食べるまで1週間ほど我慢します。そのほうが味がなじんでぐっとおいしくなるからです。もし、完成直後に「苦い!」と思っても捨てたりしないでください! 2、3日おくと随分と味がマイルドになりますので、それから判断してください。

レシピがずいぶんと長くなってしまいました。おつきあい、ありがとうございました。作業中の写真があればもっと言葉が少なくてすんだのかもしれませんが、なんせ作っている間は作っていることに結構夢中なもので... 加えて、ジャムやマーマレードが変わっていくのを見逃したくないし、「来た!」と粘化(これは適切な言葉かな?)する瞬間が好きなのでこれも逃したくないもので...



関連記事

ABOUT MY FRUIT SPREAD (JAM)

(⇒ List of Recipes) (⇒ Japanese Recipe / 日本語のレシピ一覧)
ichigospoon大bluenabeue250.jpgきうい2つ250

FRUITS : Basically, my jam uses fruits that are commonly available in Japan. I myself had trouble cooking vegetables and fruits when I was in the States because they looked similar to those sold in Japan but in fact very different in many ways. I hope the recipes will help foreigners living in Japan who may love to cook delicious fruit spread but don't know what fruits they should choose in Japanese stores.

SUGAR : My jam uses beet granulated sugar since it tastes milder. You can use usual granulated white sugar made from sugar cane.
You can also use one of those raw / brown / unprocessed types of sugar, but I'm afraid it will make your jam taste "heavier" or look "less clear" (this is only my personal opinion and taste).


SUGAR CONTENTS : Somewhere between 50 - 55 % of the total amount. You can use less sugar, but be careful, if the percentage goes down below 45 %, you can't keep your jam for a longer period of time.
To make a 50%-sugar jam, I usually make the sugar amount 40 % of the amount of fruit. (However, I make it 25 % in the case of blueberry spread cause I frequently lick it while I am doing my job, to keep my brain and eyes work well!)


STORAGE PERIOD : My fruit spreads can be kept (in a relatively dark place at room temperature) for more than two months before they are opened if they are properly sterilized and canned. Once you open them, you have to keep them in the refrigerator and eat them up in a week, or a little longer depending on the conditions of storage.
Unless you are really sure that you have correctly done your sterilization and canning, please keep them in the refrigerator and eat within a week.
Note that the definitons and laws concerning food preservation are different depending on where you live, so please follow proper canning procedures taken or recommended in your country.
You can see some examples of canning methods at such websites as :
・the "HOW TO CAN" page in the Ball's website (USA)
National Center for Home Food Preservation (USA)


UNITS USED IN MY RECIPES : Basically, they are represented by kilograms, grams, Japanese cups and spoons. I'll try to calculate and place American units (e.g. ounce) when I can.


関連記事

 | HOME |  Older Posts »

Categories

Recent Entries

Appendix

CapeDaisee

AUTHOR : CapeDaisee

Born and live in KOBE, JAPAN.
Love Hanshin Tigers, beer and cute tiny things.

神戸市出身・在住 女性
御多分にもれずタイガースファン。
何かを作るのが好きなので そして仕事と家事に忙殺されぬよう ジャムを煮たり写真をとったりしています。おうちで作るジャムのおいしさと神戸のいいところを伝えられれば幸いです。
好きな映画や本や音楽やモノやコトについても時々書いています。
でも最近は写真ばっかりだな...

   LINK :  SmallPhotoFactory

Recent Comments


   THANK YOU For Stopping By!
   Has Been Visited By :     
   Now Being Viewed By : 

Archives


Calendar

05 « 2010/06 » 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Recent Trackbacks

Other Links

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。