FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SALAD - 蓮根(れんこん)のからしマヨしゃきしゃきサラダ

(⇒ English Recipe / 英語のレシピ) (⇒ レシピ一覧へ)
hikicut3_312-204.jpg
てんぷらの中で一番好きな素材は蓮根とイカです。最後に蓮根とエビが一つずつ余っていたら、私は間違いなく「蓮根を私にくれえ」と懇願します。きんぴらも、牛蒡ではなく蓮根が好きです。でも、いつも蓮根のことを考えているわけではありません。むしろ、蓮根のことなどほとんど考えません。今回は人から蓮根をいただいたの
でサラダにしてみました。ここまで当ブログを読んでくださった方ならご存知でしょうが、私は辛いものが好きです。故に今回のサラダも和からし入り。蓮根とからしの相性が悪いわけありませんもの... 結果は...これが大成功!シャッキシャキの食感と鼻にツンとくる辛さがたまらないサラダになりました。ご飯にも結構よく合います。


材 料
(できあがり:多目の二人前)
・れんこん・・・・・・・大1/2節(小さければ1節)
・にんじん・・・中1/2個
・[A] マヨネーズ・・・・・・大さじ4
・[A] 醤油・・・・・・・・・大さじ1
・[A] 味噌・・・・・・・・・大さじ1/2
・[A] 和がらし・・・・・・・小さじ1弱
・[A] ブラックペッパー・・・適量(結構たっぷり)
・酢(アク抜き用)・・・・適量(大さじ3ほど)


作り方
[1] 蓮根を薄切りにし、10%の酢水に5分間つけてアクを抜く。人参は細切りにする。

[2] Aの材料をすべて合わせてタレを用意しておく。

[3] 沸騰したお湯で人参とアク抜きをした蓮根を1~2分間、さっとゆでる(ゆですぎるとしゃきしゃき感がなくなるので注意)。

[4] ゆであがった野菜の水をよく切り、準備したタレと和えて出来上がり。



スポンサーサイト

PASTA - お昼ごはんにちょうどいい 超手抜きツナマヨパスタ 第2弾

(⇒ English Recipe / 英語のレシピ) (⇒ レシピ一覧へ)
FUKANcutB320-204.jpg
以前、オリーブオイルで炒めた舞茸を使った超手抜き和えパスタを掲載させていただきましたが、その別バージョンです。今回は舞茸ではなくピーマンを使っていますが、炒めませんので、よりあっさりとしたサラダ風の仕上がりになります。手順は "あほみたいに" (失礼、関西ではこういう表現を使います)簡単。
玉ねぎとピーマンをみじんぎりにして材料を混ぜ合わせるだけなので、所要時間はパスタをゆでる時間のみ!もんのすごい手抜きですが、市販のツナマヨ和えパスタソースより安価ですし、何より市販のものより美味しい!ピーマンのしゃきしゃき感とたまに出会うその苦さが、前回の舞茸バージョンとは一味違うところです。平日のランチにお金も時間もかけたくないけどインスタントもちょっとねえ...という場合にお試しください!


材 料
(できあがり:多目の一人前)
・ツナ缶小・・・・・・・1缶
・玉ねぎみじん切り・・・中1/4個
・ピーマンみじん切り・・中1個
・オリーブオイル・・・・小さじ1
・醤油・・・・・・・・・小さじ1
・酒・・・・・・・・・・小さじ1
・マヨネーズ・・・・・・大さじ2~3(お好みで)
・ブラックペッパー・・・適量(結構たっぷり)

・パスタ・・・・・・・・一人前、お好みの量

*やや少なめパスタなら上記の量で二人前作れます。


作り方
全ての材料を混ぜ合わせ、ゆでたパスタと和えれば出来上がり。
DUP2cut350-224.jpg


DINNER - FOR VEGETARIANS - ベジタリアンの厚揚げ麻婆茄子

(⇒ English Recipe / 英語のレシピ) (⇒ レシピ一覧へ)
GDfukanL320-224.jpg
麻婆豆腐や麻婆茄子など、麻婆味のものって本当に美味しいですよねえ。でも、市販のいわゆる "○○の素" やレシピにはほとんどミンチ肉が入っていますので、ベジタリアンはお困りでは... というわけで、今回はお肉を一切使わない麻婆茄子with厚揚げのレシピです。お肉を入れないと頼りないのでは?或いは、薄っぺらくなるので
は?などという心配はご無用です!かなり本格的な (と言っても、私は本場のものを食べたことがないのですが...) 味に仕上がります。このレシピは元々、関西地区で放映されている毎日放送の『ちちんぷいぷい』という番組の料理コーナーで王憲生先生というシェフが紹介されていたもので、それを少し自分でアレンジしました。王先生の味付けは結構好みで、いつも注目しています。

今回のレシピの最大のポイントは "四川花椒" (中国山椒。写真上)。(王先生のレシピではこれは特に使ってはおられません。テレビ放映時には「入れてもいいよ」とおっしゃっておられましたが。) 以前、神戸北野に道麺(タオメン) という四川料理屋さんがあり、そこの坦々麺はこの四川花椒をたっぷりかけて頂くというものでした。それが大好きだったので、うちで四川っぽいお料理を作るときにはこれを挽いて入れるようになりました。尚、北野の道麺は残念ながら閉店され、今はどうも旧居留地に新たなお店ができているようですが、ここが以前とまったく同じ味かどうかはまだ食べたことがないのでわかりません (三宮ビッグ映劇跡にもあったのですが、微妙に(いや、だいぶかな)北野のほうが美味しかったので、店が変わると同じかどうかわからないという意味です)。花椒がなくてもこのレシピは一応成立するのですが、その最大の魅力・美味しさが半減してしまうような気がします。そんなに多くの方がこの花椒をご家庭に常備していらっしゃるとは思わないのですが、是非こGG_UP1320-204.jpgの機会に取り入れてみられては... 私はいつも粒ごと購入し、使うたびに乳鉢ですっています。ブラックペッパーなどと違って「カサカサ」とした感じで柔らかいので簡単に細かくすることができます。こうしたほうが香りがずっと良いからです...というのは表向きの理由で、最初に購入しようと思い立ったとき、いくら捜
しても挽いたタイプのものに安価なものがなかったからなんです... でも、挽きたての四川花椒は市販の素で作った麻婆豆腐やインスタント袋麺の坦々麺に入れると本当にびっくりするくらい美味しくなりますので、是非ともお試しあれ。


材 料
(四人前)
・厚揚げ・・・・・・・・・・2枚
・なすび・・・・・・・・・・4~5本
・サラダ油・・・・・・・・・適量

・ごま油・・・・・・・・・・大さじ1
・にんにく・・・・・・・・・2かけ
・豆板醤・・・・・・・・・・小さじ1
・甜麺醤(テンメンジャン)・・大さじ1
・豆鼓醤(トウチジャン)・・・小さじ1/2

・A: 酒・・・・・・・・・・・小さじ2
・A: 中華スープ・・・・・・・250cc
・A: しょうゆ・・・・・・・・大さじ1
・A: 和風粉末だしの素・・・・大さじ1/2

・片栗粉・・・・・・・・・・大さじ1
・水・・・・・・・・・・・・大さじ1
・青ねぎ・・・・・・・・・・2本
・ラー油・・・・・・・・・・小さじ1/2~1
・ブラックペッパー・・・・・適量
・四川花椒(中国山椒)・・・・小さじ1~2

*豆鼓醤(トウチジャン)はなくてもできます。


作り方
[1] なすびは8ミリ厚くらいの輪切りにして水にさらしてアクを抜いておく。厚揚げは1センチ厚くらいに切り、熱湯でサッとゆでておく。

[2] 中華鍋にサラダ油をひき、水気を切ったなすびをしんなりとするまで中火で炒め、いったん取り出す。

[3] 鍋をいったんきれいに拭き、ゴマ油、みじんぎりにしたにんにく、豆板醤、テンメンジャン、トウチジャンを入れて中火にかけ、香りが出たら[A]の材料を加えてさっと煮る。

[4] 上記3に厚揚げとなすびを加えさっと火を通し、水溶き片栗粉を加えてとろみをつけ、ラー油、ブラックペッパー、挽いた花椒を加え、仕上げに小口切りにした青ねぎを加える。



SALAD - 中華風ピリカラ&にんじんたっぷり春雨サラダ

(⇒ English Recipe / 英語のレシピ) (⇒ レシピ一覧へ)
GG_UeUPdarkCUT2_315-204.jpg
春雨サラダって中華風のものからマヨネーズであえたものまで本当に色々な種類がありますよね。デパ地下なんかで見かけるサラダも買って帰って食べると想像していた味と全然違ってショック!(或いは嬉しい誤算の場合もありますが)などということも(私は)しばしば... 自分好みの春雨サラダを食べるには、やはり自
分で作るのが一番確実かもしれません... これまでのいくつかの他のレシピからご想像できるかもしれませんが、私は辛いものや酸っぱいものや比較的クセのあるものが好きです。ということで、春雨サラダもラー油の辛味とゴマ油の風味を効かせた中華風が好きです。今回のレシピは暑いときでもモリモリ食べられるよう、やや酸っぱめです。酸っぱいものが苦手な方は酢を少し減らしてください。にんじんをばくばく食べるのが好きなので、うちでは歯ごたえが残るようにカットし沢山入れますが、そういうのはあまり好きでないという場合には薄く細く切って量を減らして(半量)みてください。また、味に深みを出すために豆鼓醤を入れましたが、これは普通の大手のスーパーならたいてい置いていると思います。


材 料
(四人前)
・春雨・・・・・・・・・・・60グラム(乾燥)
・きゅうり・・・・・・・・・1本
・にんじん・・・・・・・・・1本(または1/2本)
・ハム・・・・・・・・・・・4~5枚(40~50グラム)
・A: ごま油・・・・・・・・・・大さじ2
・A: 穀物酢・・・・・・・・・・大さじ2
・A: 醤油・・・・・・・・・・・大さじ2.5
・A: 甜菜糖・・・・・・・・・・小さじ2(普通の上白糖も可)
・A: ラー油・・・・・・・・・・小さじ1
・A: 豆鼓醤(トウチジャン)・・小さじ1/2
・塩(きゅうり用)・・・・・・・適量
・いりゴマ(仕上げ用)・・・・・適量

*豆鼓醤はなくても出来ますが、入れたほうが味に深みが出ます。
*肉を控えている場合はハムを魚肉ソーセージにすると良いです。


作り方
[1] Aの材料をすべてよく混ぜ合わせてタレを作っておく。

[2] きゅうりを薄くスライスして塩をふりかけて15分ほど置いて水を出す。にんじんとハムは細切りにする。

[3] 春雨は食べやすくするために半分又は10センチくらいにキッチンばさみで切っておく。鍋にお湯をわかし1分ほど煮て春雨を戻し、水洗いして熱をとり水気を絞る。

[4] 塩をふっておいたきゅうりをよく絞り、塩辛くなくなるまで水洗いし、最後にまたよく絞って水気を切る。

[5] 準備したすべての材料を混ぜ合わせ、少なくとも1時間ほど置く。このほうが味がなじんでおいしいのですが、急いでいる場合はすぐに食べても問題はありません(でもやはり少し置いたほうがずっと美味しいです)。器に盛り、いりゴマをかけて出来上がり。
G2_NanameCUT4_304-224.jpg


DINNER - エビとアスパラのソテー 自家製サウザンアイランド添え

(⇒ English Recipe / 英語のレシピ) (⇒ レシピ一覧へ)
前回ご紹介したサウザンアイランドドレッシングを使って簡単にできるエビとアスパラガスのソテーです。普通エビにサウザンアイランドを添える場合はゆでてカクテル風或いはサラmae5BLarge304-224.jpgダ風にすることが多いかと思いますが、それでは副菜になってしまいますよね。このレシピでは、せっかくのエビをメインにしたいので、エビと野菜をにんにくで焼いてドレッシングをかけてみました。エビってなんだか子供の頃から『えび天』や『エビフライ』など、特別感というか、ご馳走感があってサラダで済ますのはどうしても軽い抵抗感があるんです(せこいかな...でも実
際そう安くはないですよねえ)。 ゆでただけの『サラダ』だと男性の中には物足りないと感じられる方も結構いらっしゃるかもしれませんが、オリーブオイルで炒めていますので、そういう方にも満足してもらえると思います(ただし、当然その分カロリーはあがりますが、美味しく楽しいっていうことも食事においては重要ですもんね)。


材 料
(二人前)
・エビ大・・・・・・・・・・10尾
・グリーンアスパラガス・・・1束
・にんにく・・・・・・・・・1かけ
・オリーブオイル・・・・・・小さじ1
・酒・・・・・・・・・・・・大さじ1/2
・ブラックペッパー・・・・・適量
・塩・・・・・・・・・・・・適量

サウザンアイランドドレッシング
・スパイシーピクルスみじんぎり・・・・大さじ1/2
・玉ねぎみじんぎり・・・・・大さじ1/2
・マヨネーズ・・・・・・・・大さじ2+小さじ1
・ケチャップ・・・・・・・・大さじ1
・リーペリンウスターソース・・小さじ1/2
・醤油・・・・・・・・・・・小さじ1/2
・甜菜糖(又は上白糖)・・・・小さじ1弱
・乾燥パセリ・・・・・・・・適量
・ブラックペッパー・・・・・適量

*ピクルスがない場合はらっきょで代用できます。その場合は白ワインビネガーを小さじ1/2足すと味が落ち着きます。
*ピクルスは特に"スパイシー"である必要はありません。好みです。


作り方
[1] ドレッシングの材料すべてをよく混ぜ合わせてドレッシングを準備しておきます。多目に作った場合は冷蔵庫に保存して、翌々日までに食べ切ってください。

[2] エビは背わたとからを取り、グリーンアスパラガスは洗って食べやすい大きさ(3等分くらい)に切ります。

[3] フライパンにオリーブオイルとみじん切りにしたにんにくを入れ火にかけます。香りがしてきたらエビを入れ、酒をふりかけ蓋をして2分ほど蒸し焼きにします。

[4] 蓋をとりアスパラガスを入れ、ブラックペッパー、ほんの少量の塩をふって軽く火が通るまで炒めます。ドレッシングをかけるので塩はかなり控えめに。

[5] 1~2分で火が通ったらお皿に盛り付け、準備しておいたドレッシングをかけて出来上がり。



 | HOME |  Older Posts »

Categories

Recent Entries

Appendix

CapeDaisee

AUTHOR : CapeDaisee

Born and live in KOBE, JAPAN.
Love Hanshin Tigers, beer and cute tiny things.

神戸市出身・在住 女性
御多分にもれずタイガースファン。
何かを作るのが好きなので そして仕事と家事に忙殺されぬよう ジャムを煮たり写真をとったりしています。おうちで作るジャムのおいしさと神戸のいいところを伝えられれば幸いです。
好きな映画や本や音楽やモノやコトについても時々書いています。
でも最近は写真ばっかりだな...

   LINK :  SmallPhotoFactory

Recent Comments


   THANK YOU For Stopping By!
   Has Been Visited By :     
   Now Being Viewed By : 

Archives


Calendar

07 « 2018/08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Trackbacks

Other Links

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。